対象記事:43件
鈴木茂兵衛商店 提灯 伝統の提灯をもっと身近に「鈴木茂兵衛商店」の挑戦と革新から生み出されるもの

鈴木茂兵衛商店は、慶応元年(1865)に四代目の鈴木茂兵衛の提灯づくりに始まり、現在まで提灯製造と卸問屋として歩んできました。およそ1世紀半の長きにわたり、「水府提燈」をすべて手作業で作りつづけ、さらに、祭事や行事他、さ […]

筒井時正玩具花火製造所 伝統を守りながら、魅力あるユニークな花火や思わず笑顔になる花火を作り続ける 福岡県「筒井時正玩具花火製造所」

筒井時正玩具花火製造所は80年以上子供向けの玩具花火を作ってきた工場で、日本で3社しかないという国産線香花火の製造所でもあります。 製造所は福岡県みやま市の緑豊かな土地に構えられています。 過去には国内唯一の線香花火製造 […]

石川紙業 和紙貼り陶器 美濃まねき 招き猫 美濃和紙で人を笑顔に。「石川紙業株式会社」がつくる和雑貨の魅力とは

「石川紙業株式会社」の商品はコチラ 石川紙業は、岐阜県美濃市のうだつの上がる町並みに本社とショールームを構えられています。昔ながらの古き良き町並みは、市の重要伝統的建造物群保存地区でもあります。とても美しく、どこか懐かし […]

九重味淋 Rincha 本みりんにほうじ茶を漬け込んだ斬新なリキュール「Rincha(リンチャ)」

木樽で熟成させることで樽香、風味と味、香りのまろやかさが増した本みりん「まろりか」。愛知県西尾産「賓水園」のほうじ茶をまろりかに漬け込み、シンプルかつ斬新なリキュールが完成しました。 そのままでももちろん美味しいですが、 […]

京都最古の花街、上七軒から世界へ。「あだち」が魅せる新しいつづれ織の姿とは

「あだち」の商品はコチラ 昭和28年、京都府・西陣北野にて製織業を始めた老舗「あだち」。京都最古の花街、上七軒の大変趣のある街並みの中で、静かにお店を構えられています。起多乃綴と名付けられた伝統あるつづれ織物を生み、その […]

はなもっこ 時計 日本の美を繊細に表現する腕時計「はなもっこ」に込められた文化と伝統の技

「はなもっこ」の商品はコチラ 腕時計を作るきっかけとなったのは、石川県の中学校の技術・家庭科で使われる教材を学校に納入する会社を営む中で、自分が企画・製作した教材で作ったものを、中学生達が抱えるように大事に持って帰る姿に […]

Hanjiro アマビエだるま コロナ終息祈願!話題の妖怪をモチーフにした「アマビエだるま」登場

SNSを中心に今話題の半人半魚の妖怪・アマビエ様。疫病退散にご利益があると言われており、新型コロナウイルス感染拡大の今注目を浴びています。そんなアマビエ様をモチーフにした「アマビエだるま」が今回発売されました。 福島県白 […]

台湾茶が教えてくれた、心豊かな生き方について。お茶のお店「チャリカ」

「チャリカ」とは、茶(Cha)とスペイン語で豊かさを意味するリカ(Rica)を掛け合わせた言葉。まるで雑貨屋さんのような響きのこのお店では、店主のミネオマイコさんによる、台湾の茶葉やハーブ、花やドライフルーツなども取り入 […]

庄分酢 手間ひまかけて丁寧に発酵。爽やかお酢サイダー「酢酸菌入り くろ酢と炭酸」

酢の製造販売でおなじみ庄分酢より、約300年前創業当初のくろ酢を再現した「酢酸菌入り くろ酢と炭酸」が登場!まろやかな酸味がクセになる新感覚ノンシュガードリンクです。   庄分酢の原点でもあるくろ酢づくり。伝統 […]

畑漆器店 北欧デザインのように日常になじむ、「畑漆器店」の木と漆のうつわ

  「畑漆器店」の商品はコチラ   ふだん着のように、日常の中でさりげなく使える畑漆器店の木と漆のうつわ。漆は装飾のために施されることもありますが、もともとは木材に漆塗りを施すことで耐久・耐水性や防腐 […]

心が整う手仕事の時間。「Found & Made」に学ぶスウェーデンのバンド織り

  「Found & Made」の商品はコチラ   ここで最初に出会えるのは、フィンランドやスウェーデンなどの民族衣装でも使われている伝統工芸「バンド織り」。バンド織りの主な技法のひとつは「 […]

ねぶたの家ワ・ラッセ みちのくの短い夏を彩る豪華絢爛な青森ねぶたを1年中楽しめる「ねぶたの家 ワ・ラッセ」

勇壮絢爛な光の洪水が夏の夜を飾る   「ねぶた」と一言でいっても、実は青森や弘前、五所川原、黒石など、青森県内各地域で行われており、その代表格が青森市で開催される「青森ねぶた」。8月2日からの7日間(前夜祭は1 […]

亀の子束子西尾商店 伝統と品質を守る「亀の子たわし」が愛され続ける理由とは?手仕事のぬくもりとこだわり

    亀の子束子西尾商店は、明治40年に創業しました。初代社長の西尾正左衛門が開発・販売し好評を得ていた靴拭きマットに不備が発生し返品の山になってしまうなか、妻の西尾やすがマットの部材である棕櫚(し […]

missinglink トシカネジュエリー 幻のポーセリンジュエリー「トシカネ」の世界初展覧会!7/7より渋谷で開催

  かつて焼き物の産地・有田で磁気を製作していた小島俊一氏(こじましゅんいち)と、有田焼の絵付け師だった南兼蔵氏(みなみかねぞう)。彼らが昭和6年に帯留め作りとしてはじめた、有田焼のジュエリーブランドが「俊兼ジ […]

CROSS K クロスケ 小松九谷焼 小松九谷をあらたな文化拠点に。「CROSS K(クロスケ)」の挑戦

  みなさんは九谷焼と聞いて何を思い浮かべますか?緑、黄、赤、紫、紺青。五彩で施される和絵具の繊細な色柄、そしてどこか力強さを感じられる佇まい。見れば見るほどにその美しさに圧倒されます。   長い歴史 […]

桜の花びら舞い散る中で、「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」今年も開催!

  コンセプトは、桜の花びらが“舞い散る”中で、”チルアウト”な(ゆったりとした)体験ができる「体験型インドア花見」。 今年は、昨年も好評だったフォトジェニックな「桜升」で、佐賀の日本酒23銘柄から3種を飲み比 […]

毎日がちょっといい日に。瀬戸内の伝統と手しごとを楽しむ「HIYORI」の和三盆

  「和三盆糖」は、日本の中でも香川や徳島といった讃岐地方の一部でのみ栽培されている「ほそきび」と呼ばれているサトウキビを原料とします。名前のとおり、他の地域よりも細くて背の低いサトウキビ。このサトウキビでない […]

中村屋麹店 「麹は生き物」 明治創業 123年にわたり昔ながらの伝統製法で麹をつくり続ける

  「麹(こうじ)って、今でこそ健康ブームで身体によい健康食品の代名詞的に言われているけど、“麹屋”って、一体何を売っていて、それで生計が成り立つんだろうか」。素朴で余計な???を抱えながら、駅から旧東海道を進 […]

畠山七宝製作所 工房 「畠山七宝製作所」が生みだす、粋でモダンな東京七宝アクセサリー

畠山七宝製作所の設立は昭和26年。当初は学校用のバッジや企業のエンブレムなど、さまざまな種類の記章をおもに作られていたそうです。東京オリンピックの時にも五輪ピンズを作られていたのだとか。     約2 […]

富田染工芸 江戸小紋 江戸の伝統染色を世界へ、そして未来へ 「富田染工芸」のいまとこれから

  明治初めに浅草で創業し、その後大正3年にこちらの場所に移転されたという富田染工芸。東京で一番大きな染め工場だったのだそうです。今で言うシルクスクリーンにあたる技法の特許を取得し、東京の粋な着物染め文化にいち […]