対象記事:13件
色を紡ぐアクセサリーブランドciito(しいと)の世界とものづくりの原点

「ciito」の商品はコチラ 作り手の丹生さんは、元アパレルブランドの生産企画を担当。商品企画やデザインを通して製品作りに関わっていく中で、最後まで生産の現場に携われないことに少し物足りなさを感じるようになったそう。自分 […]

Jul 希少な伝統工芸に輝きを与える。儚げで神秘的な石川県金沢市「Jul(ユール)」の和紙から生まれるアクセサリー

  Julの商品はコチラ   石川県金沢市で、伝統工芸の「二俣和紙」を使ったアクセサリー“murmur”(マーマー)を製作するブランド「Jul(ユール)」の北美貴さんにお話を伺いました。   […]

trois temps (トロワ トン) 手織りだからこそ実現できたぬくもりあるバッグたち。吉祥寺「trois temps(トロワ トン)」

  trois tempsの商品はコチラ     trois tempsとはフランス語で「3拍子」という意味。素材・デザイン・商品、trois temps・商品・お客様など「3」のバランス良 […]

benlly's & job ベンリーズアンドジョブ 金沢 雑貨屋 外観 便利で丈夫、ユーモア溢れる金沢のセレクト雑貨屋「benlly’s & job(ベンリーズアンドジョブ)」

  benlly’s & jobがお店を構えるのは新竪町商店街という、金沢駅からは少し離れた場所にある商店街。オリジナリティのある個人商店や隠れ家的飲食店が並ぶおすすめのスポットです。   今 […]

KIYATA 時計 木から生まれた架空の森の動物たち。「KIYATA」の物語るものづくり。

“森の奥深く、人間以外の者達が来る者をもてなしてくれている場所、そこにあるものは……” KIYATAの作品は全て、そんな物語の中から生まれています。 KIYATAは、木工作家の若野(もしの)忍さんと、奥さんの由佳さんによ […]

TOUBOKKA 革小物 日本の美しき袋物文化を現代に。命を繋ぐ「TOUBOKKA」のものづくり

  やわらかい光が空間を包み込む、とても気持ちの良さそうな工房。こちらでTOUBOKKAのアイテムが一つ一つ手作業で製作されています。上からちらりと動物の角のようなものが見えますね。   まずはTOU […]

tomo co mono 誰かをちょっぴりワクワクさせるものづくり tomo co monoの革財布の世界

tomo co monoの制作者である伊藤朋子さんは、家政学部で被服を勉強したのち、靴作りの世界へ。婦人靴メーカーや、義肢装具会社で靴作り、とくに革靴の縫製をしていたそうです。   ご結婚後、田舎に住まいを移す […]

木工房 千舟 架空の世界をモチーフにした木工作品 「木工房 千舟」の魅せるやさしいぬくもり

岩宮さんはもともと舞台美術を勉強したいと思い美大に通っていました。そこから専門分野に分かれる時期になったとき、「自分は一人で黙々とものを作ることの方が向いている」と感じ、木工やインテリアを学べるゼミに入ったそうです。 & […]

糸紡ぎ作家「REIKOMONO」が生み出す、作り手と人を繋げるあたたかな手紡ぎ糸

主に羊毛を使って作られるという糸。手紡ぎならではの優しさや個性溢れる表情がとても魅力的で、いくつか集めたくなってしまいます。インテリアからファッションまで、私たちに身近なものとして活用できるアイテムの魅力について、糸紡ぎ […]

BUNi PUNi 思わずクスッと笑えるような、愛らしいネコたち。木彫にこだわったBUNi PUNiの作品が生まれるまで

  菅野さんはひょうたん型のネコなどの木彫り人形を、世界一軽くて柔らかい木材といわれるバルサ材で制作しています。ポップな色合いで着彩された猫たちは、手にしてみると軽く、それでも木の素材感がしっかりと残っています […]

日常にほんの少しの輝きを。ノスタルジックで繊細なジュエリー アトリエモズ
フラワーリース 作り方 お花を長く飾って楽しみたい。お部屋がぐっと華やぐフラワーリースを作ってみませんか

  まず用意する道具。ベースと麻ヒモを使いやすく手のひらサイズに巻き直したもの、花ばさみです。     今回はドライフラワーに適した、水分が少なめで乾いたお花とグリーンを用意。スターチスを彩 […]

神戸で温かみのある「暮らしに寄り添うかばん」を手仕事で作り続ける工房「clueto」

  やさしいかばん cluetoの鞄を初めて見たときに感じたのは、デザインがとにかく「やさしそう」なこと。かわいい、とは少し違っていて、なんだかこれは自分に似合いそうだと、直感めいた気持ちにさせてくれる鞄なので […]