日本初!無印良品のホテルが銀座にオープン

MUJI HOTEL GINZA

東京のど真ん中といえる銀座に、日本初となる無印良品のホテルがオープン。無印良品の世界観を踏襲するような、シンプルで無駄がなく、それでいて心地好いぬくもりに包まれた雰囲気は、まさに"無印“! そんな「MUJI HOTEL GINZA」を紹介します。

シンプルで飽きのこないぬくもりあるMUJI HOTEL

無印良品 銀座

 

2019年4月4日にオープンした、無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA(ムジ ホテル ギンザ」。中国の深圳、北京に続く3軒目のホテルで、日本では初めてとなる開業。さらに無印良品の世界旗艦店としての役割も果たし、1~5階に「無印良品 銀座」が入り、6~10階がホテルフロアとなっています。

 

MUJI HOTEL GINZAのフロント

 

「アンチゴージャス、アンチチープ」がコンセプト。ホテル全体で無印良品の世界観が表現され、木・石・土といった自然素材を巧みに生かしたデザインで、肩肘張らず、生活の延長線上にあるような“無印”ならといえる、ナチュラルなぬくもりが広がっています。

 

客室のインテリアやアメニティーは無印良品で買うこともできる

MUJI HOTEL GINZAの客室1

 

ショップが併設されているということは・・・ そうです! 客室にあるインテリアやアメニティーのほとんどはショップで購入できるのです。ベッドのマットレスやクッション、タオル、ドライヤーなど、その使い心地をじっくりと試してから購入するというような使い方もでき、ホテルの客室が無印良品のショールーム的な役割も担っています。

 

MUJI HOTEL GINZAの客室2

 

客室は全79室。9タイプの客室がそろい、「良品計画」とともに、デザインホテルの先駈けとして知られる「CLASKA(クラスカ)」を造った「UDS」が企画・設計・運営を担当。建物は新築なのですがオフィスビル仕様だったこともあり、客室の中に廊下があるような、奥行きのある変形レイアウトの客室がおもしろみをもっています。

 

MUJI HOTEL GINZAの客室3

 

この細長い客室、玄関からリビングなどへと続く一般的なマンションの居住レイアウトに似ており、親しみがあるがゆえに、こんなに素敵に変えることができるんだという驚きもあり、自宅で使えるインテリアのヒントやアイデアに使えそう。

 

板張り・畳・2段ベッド・・・ ナチュラルなぬくもりにリラックス

MUJI HOTEL GINZAの客室4

 

オフホワイトの壁面に、オーク材の板張りの床、ナチュラルな木の風合いを生かしたインテリアに包まれた客室は、裸足で過ごしたくなるような心地好さ。

 

MUJI HOTEL GINZAの客室5

 

MUJI HOTEL GINZAの畳敷き客室

 

ラグマットやクッションが配された客室、小上がりにマットレスが置かれた客室、琉球畳の客室、2段ベッドがある客室などバラエティーに富み、クローゼットなどは壁面収納になっているので広さ以上のシャープな印象。アロマディフューザーや壁掛式Bluetoothスピーカーが客室に備えられているのは、“無印”ならといえるアイテムのひとつ。

 

MUJI HOTEL GINZAの客室6

 

MUJI HOTEL GINZAの客室ベッドまわり

 

ダブルの客室は基本的にシャワーブースのみですが、通常のシャワーに加えレインシャワーを設置。ツイン以上の客室にはバスタブが備わっています。

 

MUJI HOTEL GINZAのバスルーム

 

6階のフロント階にあるレストラン「Wa」では、郷土色を生かした各地のおばんざいなどを、地下1階の「MUJI Diner」では、かわいらしい「おにぎりセット」500円などの朝食もいただけます。

 

MUJI HOTEL GINZAの朝食