まるで秘密基地!?緑の森に浮かぶ非現実的な真っ白い球体テントの正体は・・・

インザパーク

“泊まれる公園”を知っていますか? 静岡県沼津市の山間部にある広大な公園なのですが、その森の中に、宇宙人が空から降りてきて作ったかのような、非現実的な真っ白い球体テントがポカ~ンと浮かんでいるのです。何やらおもしろそうなこのホテル!? 突撃潜入レポートをお送りします。

森の中で真っ白い球体テントで眠りにつく特別な体験

インザパークの吊りテント

 

静岡県沼津市にある“泊まれる公園”こと「INN THE PARK(インザパーク)」は、豊かな自然環境を生かした、新発想の複合型施設。代々木公園に匹敵する60ヘクタールもの広大な敷地は、「沼津市立少年自然の家」の跡地。林間学校などで利用されていた施設を活用しながら、公園を丸ごとリノベーション。快適性やエンターテインメント性をプラスして、もっと魅力的な空間に仕上げているのです。

 

インザパークの吊りテント内観

 

そのひとつが、杉木立の中に突如現れる真っ白い球体テント。公園の中にあるとは思えない、その非現実的な景観に驚かされます。木々に固定され、森の中に浮かぶシルエットの「吊りテント」は、全部で3つ。もちろんオリジナルで造られたもので、約7~11平方メートルの広さがあり、内部は針葉樹の板張りの床にツインベッドが備わっています。

 

白い吊りテント内観

 

真っ白いドーム天井に包まれていると、小鳥のさえずりや風の音、天窓からの明かりなど、より自然を身近に感じられ、ゆっくりと五感が解き放たれていくよう。テントは空中に吊られているので、最初は客室内を歩くのも恐る恐るですが、思ったほど揺れはなく、慣れてしまうと板張りの床にベッドが配されていることも手伝って、ホテルの客室にいるような感覚に。

 

ツインベッドを配置

 

アメニティー

 

ドームテントではグランピング気分を味わえる!

「吊りテント」のほかにも、森の中のウッドデッキに設置された「ドームテント」が3つ。こちらもツインベッドが配されて、広さは約7平方メートル。一味異なった浮遊感を味わうならやっぱり「吊りテント」ですが、グランピング的な楽しみ方をするのなら「ドームテント」がおすすめ。

 

インザパークのドームテント

 

どちらのタイプにも、トイレやバスはないので、テントエリアに設けられたサニタリー棟のシャワールームや本館にある大浴場を。研修施設として使われていた名残を感じる、大きなステンレス製の湯船が設けられた大浴場は、白タイル×木肌できれいにリノベーションされ、傾斜屋根が開放感たっぷりなので、ノスタルジーを感じながら温泉気分を楽しめます。

 

インザパークの大浴場

 

昭和のノスタルジー感じるミュージアムのようなミニマル空間

インザパークの外観

 

森の中に浮かぶ球体テントがお目当てだったのですが、大浴場に代表されるように、昭和のノスタルジーを生かしながらリノベーションされた魅力的な施設は、これだけに留まりません。

 

インザパークのフロント

 

美術館を思わすような真っ白い外観、ミニマルな美しさに満ちたフロント、食堂であったであろう50m走ができるほどの開放感あるサロンには、ソファーがゆったりと配され、一面ガラス張りの窓からは、駿河湾や伊豆半島を望む景観が楽しめます。

 

インザパークのサロン

 

白×黒×木肌で統一された館内は、“引き算の発想”でリノベーションされ、シンプルで無駄がなく、空間を大胆に使っているのですが、ぬくもりを感じる居心地のいい空間。林間学校や研修に使われていた建物が、嘘のように現代的に再生されています。

 

サロンの内観

 

インザパークの宿泊棟

 

渡り廊下を進んでいくとたどり着くのが、4棟ある宿泊棟。1棟貸しの宿泊形態をとっているのですが、これがまた魅力的です! 引き戸を引くと飴色に輝く板張りの廊下が広がり、2層吹き抜けのリビングを中心に、1階や中2階、2階などに和室や板張りのツインルームなどが配されています。

 

宿泊棟のベッドルーム

 

メゾネットのような内観

 

地下には学校にあるような複数のトイレや洗面室も。昔、団体客用に造られたのであろう変形レイアウトの間取りが、逆に迷路のようなおもしろみをもった空間に。

 

地下にあるトイレ

 

寝室が4つと和室が1つあるので、気の合う仲間や友達、子供連れのファミリーなどには打って付け。1棟丸貸しなので、気兼ねなくわいわいガヤガヤ楽しめるのはもちろん、各客室に入れば、プライベートを確保することもできます。

 

4つあるベッドルーム

 

目の前に広がる芝生広場では、ヨガや星空観察、夏にはカブトムシやクワガタ採りも楽しめ、モグラが顔を出すことも。屋外ダイニングも併設され、自然を感じながらテント・宿泊棟とおもしろみをもったステイを楽しめます。

 

Photos:(C)tawawa