きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

各地の窯元が同一デザインで製作する「生涯を添い遂げるマグ 会津本郷焼」が登場!

ものづくり事業の企画や開発に取り組む宮城県仙台市の企業、株式会社ワイヤードビーンズより「生涯を添い遂げるマグ 会津本郷焼」が2018年8月31日に発売されました。日本の職人とお客様との縁を繋ぎながら、世界の数多くのデザイン賞を受賞してきた企業ならではの独自のものづくりの視点に注目です。

「生涯を添い遂げるマグ」とは、日本各地の窯元(職人)がその土地の土や釉薬を使って同一デザインで製作するシリーズであり、それぞれの特徴を比較して楽しめる新しい価値を提案したマグなのです。

そんな「生涯を添い遂げるマグ」から今回登場したのは6種類目である「会津本郷焼」バージョン。会津本郷焼とは福島県会津美里町発祥の焼物であり、約420年前から伝わる伝統が今なお継承されています。会津美里町周辺には多くの窯元が誕生し、その窯元のひとつである流紋焼は、土が持つ自然の心をできる限り失わないようにと願いを込め丁寧に器を作っています。

また、もし破損してしまった場合でも新品に交換する障害補償(条件付き)が付加されています。それにより職人と使い手の繋がりを深めること、職人技を継承すること、そして地場事業を活性化させることを実現させているのです。

マグの形状は内部に丸みを含ませ、対流を生むようにデザインされています。良質なクレマ層を作り出しながら香りと温かさを閉じ込め、コーヒーの美味しさを最大限まで引き出してくれるという、コーヒー好きにはたまらないこだわりも。

高温の窯の中で熔け出た流し釉が特徴の、渋みのある美しいグレーカラー。このマグがあれば、普段のコーヒータイムがちょっぴり贅沢なものになりそうです。

  • 株式会社ワイヤードビーンズ
  • https://www.wiredbeans.co.jp/
  • 宮城県仙台市青葉区五橋1丁目5-3 アーバンネット五橋ビル6F

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!

きるるはらら編集部 Instagram