きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

都内最大級のあかりアート展 最新の青森ねぶたも!「和のあかり×百段階段2018」

和のあかり×百段階段2018

今年、創業90周年を迎えるホテル雅叙園東京では、2018年7月7日(土)~9月2日(日)まで「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」を、館内にある「百段階段」にて開催いたします。第4回目となる今回は「青森ねぶた」をはじめ、前回の約2倍の63団体、1,000点を超える作品が集結します。

会場である「百段階段」は、昭和10年に建てられ、雅叙園の歴史と共にさまざまな集いの場として多くの人々を迎えてきました。類稀な建築・美術による空間美から2009年には東京都指定有形文化財に認定されています。

 

2015年から毎年行われている本展の第1回目は、有形文化財である「百段階段」に無形文化財である「青森ねぶた」をコラボレーションするなど従来の企画展の概念を変える展示を展開。第2回目では過去最高となる9万人の来場者を数える人気企画となりました。

 

和のあかり×百段階段2018

 

▲前回(2017年)の展示/頂上の間

 

第4回目となる今回は、前回の参加団体・作家数 35団体の2倍近い、63の出展者による展示が実現します。人の身長よりも大きな「青森ねぶた」から、手のひらにのる「江戸切子」まで、「祭り」「アート」「デザイン」「職人」「テクノロジー」をテーマに一堂に会し、全作品の写真撮影が可能です。この夏は、文化財を華やかに彩る究極の日本美イルミネーションを愉しむことができます。

 

見どころのひとつとしては、今回ねぶた界初の試みとして現地青森では実現しない「3流派による完全新作の共同作品」を公開。青森ねぶた祭り最終日の海上運行の様に水面に浮かぶ「ねぶた」をイメージした幻想的な作品です。その昔、筍の産地として知られ竹林にあふれた目黒と、部屋のモチーフとして描かれている平安時代に誕生した「竹取物語」の世界を美しく創り上げています。

 

また、「百段階段」史上初となる試みとして日本上陸10周年を迎えるイスラエル発のボディケアブランド「SABON」による香りの演出が実現しました。日本からインスピレーションを受けて作られた特別なコレクション「Decade」の香りを五感で感じることができる、女性には嬉しい演出ですね。

 

和のあかり×百段階段2018

 

その他ミラーボーラーの作品や、日本画家の間島秀徳氏の作品、光の落書きなど、見どころがたくさんです。

 

和のあかり×百段階段2018 和のあかり×百段階段2018 和のあかり×百段階段2018

 

<企画展概要>

「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」

2018年7月7日(土)~9月2日(日) ※会期中無休

月~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30) 金・土・日・祝および8月13日~17日 10:00~20:00(最終入館19:30)

※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)

当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円7/6迄)

学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料

 

夏の思い出に、幻想的な体験を。写真撮影も可能なので、ご家族で、ご友人と、楽しみながら参加してみてはいかがでしょう。

 

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!

きるるはらら編集部 Instagram