東京スカイツリータウン「すみだ水族館」が今春大規模リニューアルオープン!

新クラゲ展示エリア

LINEで送る
Pocket

2012年に東京スカイツリータウン・ソラマチ内にオープンした「すみだ水族館」。開業後初の大規模リニューアルが決定!直径7メートルにも及ぶクラゲの水盤型水槽を含む、2つの新エリアが誕生します。公開は5月下旬予定です。

オープンスペースの全景

 

東東京エリアのランドマーク的存在である東京スカイツリー。そのお膝元にある商業施設、東京スカイツリータウン・ソラマチの中に「すみだ水族館」がオープンしたのは記憶に新しいですね。

 

そんなすみだ水族館、開業後初となる大規模なリニューアルが決定しました。5月下旬公開予定に先立ち、見どころを一足お先にチェック!

 

リニューアルによって新たに、水盤型の大型水槽を設置する新「クラゲエリア」と、飼育作業や育成設備を公開する「オープンスペース」が登場します。

 

新クラゲ展示エリア

 

2倍の大きさに拡張する新「クラゲエリア」には、楕円形の直径7メートル、短径3メートル規模の水盤型水槽を設置。床が水槽になった斬新なアイデアで、上面から覗き込んで500匹のクラゲを直に見ることができます。水槽上部のガラス床のデッキでは、まるで水面に立っているかのような浮遊感を体験できてとても幻想的。

 

壁面には3つのドラム型水槽も新設されます。すみだ水族館初展示となるスナイロクラゲを含め、展示数は14種類700匹となる予定!クラゲの世界をたっぷり満喫できますね。

 

新しくなるオープンな飼育作業エリア

 

これまで多目的スペースであった「すみだステージ」エリアは、いきものの調餌作業や育成設備を間近で観察できるオープンスペースとなる予定です。飼育スタッフとの会話も楽しめるので、親子でいきものについて学ぶことができそうですね。

 

また頭上には直径10メートルのリング型サイネージも設置されます。水族館での過ごし方や学び、体験を刺激するリアルタイム情報はここでチェック。

 

より一層魅力的になるすみだ水族館。リニューアルオープンが待ち遠しいですね。詳細はウェブサイトをチェックしてください。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、すみだ水族館は5月上旬(予定)まで休館します。

 

<施設情報>

すみだ水族館

【住所】東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F 6F

【アクセス】東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅すぐ 東京スカイツリーライン、東京メトロ半蔵門線、京成押上線、都営地下鉄浅草線「押上(スカイツリー前)」駅すぐ

LINEで送る
Pocket