きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

200年以上続く冬の幻想的なお祭り「三寺まいり」で恋の成就を願う

三寺まいり

岐阜県飛騨市では、毎年1月15日、「三寺まいり」が行われます。 この1日、古川町市街地は、たくさんの和ろうそくの光が照らし出す 幻想的な雰囲気のなか、三寺(円光寺、真宗寺、本光寺)をめぐる人 々で賑わいます。

「三寺まいり」は、飛騨市に200年以上も前から受け継がれている伝統行事で、宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲び、命日の前夜1月15日に、界隈の円光寺、真宗寺、本光寺の三寺を巡拝し、読経・説法を受けたことが始まりといわれています。

 

そしてまた、明治・大正の頃、野麦峠を越えて信州へ糸引きに行った娘たちが、正月の帰省時に晴れ着で瀬戸川べりを巡拝し男女の出会いの場ともなったことから、いつしか『恋愛成就のお参り』としても知られるようになりました。

 

新春明けの15日、この地は雪も深く静かな時期ですが、「三寺まいり」の日は、お参りに訪れる人で賑わい、和服姿の女性たちの華やぎと和ろうそくの幻想的な灯りが町を包みます。

 

「三寺まいり」では、町中に灯るたくさんの和ろうそくの灯りが幻想的で美しく、飛騨の冬の風物詩ともなっています。

 

古川町市街地の各所に設置される高さ2mもの『大雪像ろうそく』、瀬戸川沿いに女性たちにより灯される恋愛成就を祈る『千本ろうそく』、そして、3つの寺に奉納された重さ13kgの和ろうそく。

 

優しい灯りで町中を幻想的な雰囲気で包む和ろうそくは、市内の老舗『三嶋和ろうそく店』によるもので、日本でも10店あまりとなった和ろうそく店の中でもすべて手作りなのはここだけといわれる「三寺まいり」と共に伝統をつなぐ希少なろうそくです。

 

瀬戸川沿いに無数の明かりが灯る『千本ろうそく』には白と赤の2種類があります。

 

恋愛成就の願いを込めておまいりする時には白のろうそくを灯し、その願いが叶ったら次の年には赤のろうそくを灯すというならわしがあり、赤いろうそくの数だけ幸せが生まれたと感じることができる、とても素敵な風習です。

 

・飛騨市和ろうそくの老舗『三嶋和ろうそく店』

三嶋和ろうそく店

 

7代目が伝統を受け継ぐ、江戸時代創業の和ろうそく店。

 

『三嶋和ろうそく店』の和ろうそくは、混じりけのない100%植物性の「生掛け和ろうそく」で大変希少なものです。また、全国に10軒程度となった和ろうそく店の中でも、すべて手作りなのは三嶋和ろうそく店だけと言われています。

 

(所在地=飛騨市古川町壱之町3-12 TEL0577-73-4109)

 

飛騨市に200年以上も前から受け継がれている伝統行事。

 

「恋愛成就のおまいり」としてしられているこのお祭り、男性でも十分に楽しめるお祭りです。

 

友人で、カップルで、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

 

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!