きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

台風18号の傷リンゴがハロウィンビールに! アップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」発売!

アップルシナモンエール

サンクトガーレンは「アップルシナモンエール」を2017年9月27日(水)から2018年3月末までの秋冬限定で販売致します。このビールは軽く焦がした“カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。このモルトは食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。副原料に500個の焼リンゴ・シナモン・メープルシュガーを加えているため、アップルパイのような風味が楽しめます。

 

使用しているリンゴは長野県伊那市の“訳ありリンゴ”です。収穫前に落下してしまったリンゴや、規格外サイズで通常では売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。先日の台風18号では強風の影響でリンゴ同士がこすれたり、枝にぶつかったりして果実に傷がつく被害が出ています。その傷リンゴも活用していきます。

 

アップルシナモンエールは麦芽(モルト)を軽く焦がした “カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。このモルトは食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。副原料に500個の焼リンゴ・シナモン・メープルシュガーを加え、アップルパイのような風味が楽しめます。本物のアップルパイとの相性も抜群で、クッキーなどの焼き菓子と合わせるのもお薦めです。

 

 台風で傷ついた果実など長野県伊那市の“訳ありリンゴ”を救済

アップルシナモンエールに使用しているリンゴは長野県伊那市の“訳ありリンゴ”です。収穫前に落下してしまったものや、大きさが規格外のものなど通常では売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。先日の台風18号では強風の影響でリンゴ同士がこすれたり、枝にぶつかったりして果実に傷がつく被害が出ています。その傷リンゴも活用していきます。

 

アップルシナモンエール

 

まるでお菓子作り。製パン店のオーブンで、焼リンゴをつくるところから

 

 

このビールの仕込みは厚木市内の製パン店「ル・フルラージュ」のオーブンを借り、500個のリンゴを焼きあげるところからスタート。丸1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいます。

 

アップルシナモンエール

 

アップルシナモンエール

 

【商品名】 アップルシナモンエール(発泡酒)

【内容量】 330ml

【希望小売価格】 429円(税抜)

【発売日】 2017年9月27日(水)~2018年3月末まで

※現在の日本の酒税法では果物やスパイスがビールの原料として認められていないため、アップルシナモンエールは麦芽率が高いにも関わらず「発泡酒」という表記になります。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。

【ボトル販売場所】 当社オンラインショップ/京王百貨店新宿店/ドン・キホーテ中目黒本店/のもの秋葉原店/クイーンズ伊勢丹 品川店・藤沢店/日吉東急/スリーエフ 品川小山台店・新城店/マルイファミリー海老名店など。

※サンクトガーレン取扱いビアバー、9月29日~10月15日に横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト2017」では樽生でお楽しみ頂けます。

http://www.sanktgallenbrewery.com/event/oktoberfest2017.html

 

アップルシナモンエール

 

アップルシナモンエール ハロウィンバージョンを9月27日より同時発売します。

http://www.sanktgallenbrewery.com/news/halloween.html

ハロウィンバージョンはラベルのリンゴ部分がジャック・オー・ランタンになっていて、ハロウィンパーティーやギフトにも最適です。日本ではかぼちゃのイメージの強いハロウィンですが、欧米ではリンゴも欠かせないものです。なお、ハロウィンバージョンは10月末までの期間限定販売となります。

 

アップルシナモンエール

 

【ハロウィンとリンゴの関係】

ハロウィンの起源とされる祝祭の1つ「ポーモーナ祭」は果実の女神ポーモーナに豊穣を祈願するお祭り。そのポーモーナのシンボルがリンゴであったことから、海外のハロウィンシーンではお菓子に、ゲームに、リンゴが欠かせません。

 

例えばハロウィンシーズンに欠かせないお菓子の1つ“キャラメルアップル”は日本のリンゴ飴のキャラメル版。ハロウィンに子供が「Trick or Treat!(いたずらかお菓子か?)」と言って近隣の家庭をまわるのは有名ですが、カナダやアメリカの一部では、「Halloween Apples!(ハロウィンのリンゴ頂戴!)」と言って回る地域があるそうです。

 

またBobbing for Apples(アップルボビング)はハロウィンに行われる伝統的なゲーム。バケツに水を入れてリンゴを浮かべたら準備完了。手を使わずにリンゴをくわえ取り、その早さや数を競うゲームです。

 

サンクトガーレンとは

http://www.sanktgallenbrewery.com/

サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、クラフトビール(地ビール)激戦区のアメリカでビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため、業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

 

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、バレンタイン限定チョコビール、ボジョレー同時解禁の麦のワイン、一升瓶ビールなど従来のビールのイメージを覆すような個性的なラインナップでクラフトビールの魅力を発信しています。

 

フルーツビールの製造にも力を入れており、リンゴの他にもオレンジや桃など生の果物を使ったフルーツビールを何種類か製造しています。香料などに頼らず果物本来の香りや味わいを引き出すため、果物はたっぷり贅沢に使います。大量の果物を使うため、通常より安く仕入れられる規格外の訳あり果実でなければ採算があいません。訳あり果実の利用は、農家にとっては売り物にならない果実が売れてハッピー、サンクトガーレンにとっては安く果物を譲ってもらえてハッピーというWin-Winの関係です。

保存

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!