きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

桜の花びら舞い散る中で、「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」今年も開催!

昨年、大好評だった桜のイベントが今年も開催! 美味しい佐賀の日本酒「佐賀ん酒」と、佐賀のいちご新ブランド「いちごさん」をはじめとする名産品おつまみが楽しめるフォトジェニックなバーが、表参道の「IKI-BA in commune2nd」に出現します。2019年3月22日(金)〜31日(日)の10日間限定!

桜升

 

コンセプトは、桜の花びらが“舞い散る”中で、”チルアウト”な(ゆったりとした)体験ができる「体験型インドア花見」。

今年は、昨年も好評だったフォトジェニックな「桜升」で、佐賀の日本酒23銘柄から3種を飲み比べできる「サクラチルSET」(1,000円)に加え、さがほのか以来20年ぶりとなる佐賀のいちご新ブランド「いちごさん」を大胆に加えた新メニュー「いちごさんSET」(1,530円)がいただけます。

室内の満開の桜の下、膝の高さまで花びらが積もる「桜プール」の中で、佐賀の日本酒「佐賀ん酒」や名産品のおつまみを味わいながら、プチ贅沢なインドアタイムを過ごしませんか?

 

桜プール

 

おつまみは、茶道家・松村宗亮による監修のもと、日本酒に合う佐賀の名産品5種の盛り合わせをご用意。

お茶の世界では、お酒のつまみに「海のものと山のもの」を取り入れるという慣習があります。今回のおつまみでも、海のもの(いか、のり、いりこ)と山のもの(いちご、鶏)を、茶道具でもある「八寸皿」の上に盛り合わせることで、海も山もある佐賀の豊かな食文化を美しく表現しています。

 

おつまみ

 

お酒は、佐賀にある23蔵元から1銘柄ずつ提供予定。桜の品種に見立てた4種の味わい「シダレザクラ(スウィート)」、「ヤマザクラ(ドライ)」、「ソメイヨシノ(フレッシュ)」、「ヤエザクラ(リッチ)」に分類され、その中から3種類を選んでいただくことができます。

お酒が飲めない方には、ソフトドリンクとして佐賀県太良町産の柑橘“清見”ジュースも。

 

佐賀のお酒

 

桜の花びらに溺れてみる、そんな春のはじまりも良いかもしれません。

開催日:2019年3月22日(金)〜31日(日)

営業時間:平日15時30分〜21時45分 / 土・日11時〜21時45分 ※最終入店時間21時15分

場所:IKIBA in commune2nd  東京都港区南青山3-13

 

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!

きるるはらら編集部 Instagram