きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

日本の四季が持つ情緒あふれる色彩を「万年筆インク」で表現。筆記具専門店ペンハウス初のオリジナルインク「彩時記」が登場!

ペンハウス 彩時記

ECサイト「ペンハウス」のプライベートブランド「Pent〈ペント〉」が、万年筆インクシリーズ「彩時記」を販売開始。2017年9月7日よりペンハウス本店、および各出店モールにて販売されています。日本の四季の事物や年中行事などをまとめた書物「歳時記」をモチーフに、春夏秋冬の色彩を美しいインクで表現。それぞれに名づけられた色名には物語が存在し、万年筆で文字を綴るユーザーが情景を思い浮かべることができるようになっています。

 

パソコンやスマートフォンなどのデジタルツールの登場で「手で書く」という機会が少なくなりつつあります。そんな時代だからこそ「手で書く」喜びや楽しみが再び見直され、万年筆を手にする方が増えています。

 

ハガキや便箋、手帳や日記など、その季節に相応しいインクで「万年筆で書く」という事を、インクの色だけではなく、それぞれに込められた物語まで愉しんでいただけるよう「彩時記」は作られました。

 

初回は、春夏秋をテーマにした各2色、全6色が登場。

近日冬の2色も発売を予定しています。

 

<春~spring~>

・青緑(あおみどり)

・麗春(ひめけし)

 

<夏~summer~>

・幻蒼海(げんそうかい)

・松風(まつかぜ)

 

<秋~autumn~>

・秋景(しゅうけい)

・葡萄(えびぞめ)

 

【仕様】

・水性染料インク:50ml

・インクリザーバー付き

・本体サイズ:約65.5φmm×約50mm

・本体重量:約168g

 

最近は手頃な価格の万年筆も増えてきて、今までの「高級筆記具」のイメージが変わりつつあります。日本の色彩を楽しみながら、たまには手で書く機会を設けてみてはいかがでしょう。

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!