きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

あのムーミンの世界を体験できる「ムーミンバレーパーク」埼玉県飯能市に2019年3月にオープン!

ムーミンバレーパーク

豊かな自然に囲まれたムーミンバレーパークは、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティング、物語の中で登場する水浴び小屋・灯台、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間です。

 

エントランスは原作であるムーミンの物語が描かれた「本」のゲートをくぐりぬけ、この先に待つムーミンの物語の世界に期待を膨らませながらムーミン谷へと向かいます。エントランス施設には、さまざまなパンケーキメニューを楽しめるレストランやショップがあり、これからムーミンの世界を楽しむためのグッズや帰りには楽しんだ思い出として持ち帰れるグッズを用意しています。

 

ムーミンバレーパーク

 

地上3階と屋根裏部屋、地下室からなるムーミン屋敷は、ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じていただけるよう、原作を忠実に再現しています。地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏部屋はムーミンパパが執筆を行ったりする書斎です。

 

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパーク

 

地上3階建ての施設です。1階は、世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンの物語をテーマとしたメニューをお楽しみいただけるレストランがあります。2階は、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンを作品展示や映像上映により多角的・多面的に紹介します。展示を楽しんだ後は、その余韻を楽しむためのカフェや厳選されたムーミングッズが揃うセレクトショップ、ストーリーに基づいたモノづくりやトーベ・ヤンソンの作品にまつわる創作体験などができるワークショップがあります。3階は、物語の様々なシーンを巡りながら、物語の魅力をインタラクティブに体感できます。

 

ムーミンバレーパーク

 

「勇気」や「挑戦」、「友情」、「家族の絆」をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法を用いたアトラクションです。物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険に出かけます。壁面や床面に加え、造形物にも映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験が楽しめます。

 

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパーク

 

物語を体感できる「冒険と思索の山」です。子どもたちが自然のなかで元気いっぱいに遊ぶことができるアスレチックやツリーハウスが点在し、頂上にはおさびし山のシンボルとなる天文台がそびえます。湖を横断飛行するジップラインのスタート地点もあります。

 

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパーク

 

<ムーミンバレーパークがオープンする埼玉県飯能市について>
飯能市は都心からおよそ 50km。埼玉県の南西部に位置する豊かな自然と清流に恵まれた“水と緑”のまちです。緑あふれる自然は、ハイキングや公園、水辺でのアクティビティ・レジャーのほか、子育てや余暇生活にも充実した環境です。古くから豊かな森林と人々との共生によって、暮らしや文化・歴史、産業が育まれてきことを背景に、2005年4月1日に「森林文化都市」を宣言し、自然と都市機能が調和した、暮らしやすいまちづくりに取り組んでいます。都心から一番近い森林文化都市は、遊びも暮らしも生き生きとした魅力にあふれています。

 

<飯能市ふるさと納税「ムーミン基金」について>
飯能市は、メッツァと連携した観光施策の推進に活用することを目的に設立した「ムーミン基金」へ寄附をいただいた方を対象に、2016年4月1日からムーミン関連グッズの返礼品の贈呈を開始しました。これまでに、バッグブランド“anello”とコラボレーションした「Moomin×anello®コラボリュック」や、オリジナルハンドバッグの“キタムラ”とコラボレーションした「Moomin×Kitamura オリジナルバッグ」をはじめ、様々な返礼品を贈呈しています。2018年3月には、新たに「ポンパドウルライ麦入りフランスパンムーミン3柄セット」等が返礼品に追加されました。

 

ムーミンバレーパーク

 

幻想的なムーミンの世界を体感することができるこの施設、完成が楽しみですね!ムーミン好きの方に限らず楽しめるスポット。編集部でも足を運んでみたいと思います!

 

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!

きるるはらら編集部 Instagram