きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

老舗金箔屋から生まれた、お肌にも環境にも優しい和コスメ「まかないこすめ」

まかないこすめ

今回は“Beauty secret from Japan”をコンセプトに、日本の美の秘訣を世界に広げることを目標としている「まかないこすめ」の林さんにお話を伺いました。ブランドの名前にもなっているまかないとは、金箔屋の作業場や台所という意味。老舗金箔屋の作業場や台所で身近な材料を元に作り上げたコスメ。それが「まかないこすめ」という名前の由来なのだそう。

 

まかないこすめは創業1899年(明治32年)の金沢の老舗金箔屋から生まれました。極度の乾燥や高熱など、お肌に厳しい環境下で働く女性たちは美肌づくりのために試行錯誤し、身近な自然由来成分や女性たちの知恵を元に生み出したレシピ。その「まかないレシピ」からお肌に優しいコスメを作り上げたことが始まり。

 

まかないこすめ

 

現在では、国内のショップに限らずパリのポンマルシェやプランタンなどの百貨店、ロンドンのコンランショップなどにも常設コーナーがあり、海外の方々からも徐々に評価を得ています。

 

まかないこすめ

 

まかないこすめでは自然・天然由来成分による商品開発に取り組んでいて、シリコン、合成香料、合成着色料などを使わず、お肌に不安がある方でも安心して使える商品提供を心がけています。そのこだわりが日本のみならず海外の方々からも支持を得ている理由なのでしょう。

 

まかないこすめ

 

動物実験をしないことにもこだわりを持っており、100年の歴史の中で自分たちの肌を実験台としてナチュラルなコスメを作り上げました。加えて動物実験を行わない会社や工場のみと提携するという徹底ぶり。そして全商品、国内生産。そんな商品とお客様のお肌に対する真摯な姿勢が幅広い世代の方々から人気がある秘訣かもしれません。

 

しかし、そんなお客様のお肌を一途に考えた商品開発をしている中でまかないこすめでは「自然・天然由来成分なら、すべてお肌に無条件に良いものなのか?」という疑問を持っていると言います。

 

まかないこすめ

 

ナチュラルな成分の良さを熟知したうえでの疑問であり、問題提起。そこで自然・天然由来成分の効果・効能を最大限に引き出すため。そして商品の安全性を極限まで高めるために、科学的にお肌の悪影響を及ぼす可能性がないことを立証されているものに限り、一部の商品に合成成分を微量ながら敢えて使用しているそうです。

 

お客様のお肌の美と健康を一番に考えた商品を提供するまかないこすめ。

その思いが感じられる商品を一度、使ってみてははいかがでしょうか。

 

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!