きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

たわしの元祖である「亀の子束子」から誕生した、話題の「亀の子スポンジ」に新色が登場!

亀の子スポンジ

亀の子スポンジは、たわしの元祖である「亀の子束子」から「亀の子」の名前を受け継ぎ、新しく「スポンジのスタンダード」となるべく2015年に誕生しました。商品開発にはコラムニストの石黒智子氏、そしてパッケージデザインにはグラフィックデザイナー・アートディレクターとして活躍中の菊地敦己氏が携わり、亀の子束子が考える「スポンジに求められる機能」をシンプルに見極め、製品化しました。

 

誰もが知っている「亀の子たわし」を作る、亀の子束子創業110周年を迎える老舗亀の子束子西尾商店が2015年に発売した「亀の子スポンジ」が今話題になっています。

 

2017年にマイナーチェンジをし、より一層の抗菌力と使いやすさを追求したこのスポンジは、インターネットを中心に人気を博し、粗めのスポンジが今までにない水切れと泡切れを実現したことで、他にはない使いやすさだと好評なのです。

 

その亀の子スポンジにこの秋新色が登場!「秋の新色」としてコーヒー・カフェオレの2色を発売します。

 

亀の子スポンジ

 

今回のテーマはコーヒー。
黒に近い濃いブラウンが特徴の「コーヒー」と、ミルクを混ぜたような薄いベージュの「カフェオレ」。
既存のホワイト・グレー・イエローと比べてトーンを抑えたブラウンカラーが特徴です。

 

<亀の子スポンジの特徴>

高い抗菌効果
銀イオン系抗菌剤を練り込むことでスポンジ全体が抗菌されています。
不織布を貼り付けていないので、剥がれることもなく両面お使い頂けます。

水切れ・泡切れ
やや目の粗いウレタンを採用することで、抜群の水切れ・泡切れを実現しました。
水切れをよくすることでウレタンの加水分解を防ぎ、スポンジが長持ちします。

使いやすい厚み
厚さ27mm とすることで手の小さな女性でも、持て余すことなくお使い頂けます。

 

<商品情報>
亀の子スポンジ
カラー:コーヒー・カフェオレ
価格:300円(税抜)

 

テーマにちなんで中央の星マークをコーヒー豆のデザインに変更したとのこと。
お気に入りのキッチンでも、秋を感じてみてください。

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!