きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

いま話題の「日本茶」が本格的に楽しめる日本茶スタンドカフェが千駄ヶ谷と渋谷にオープン!

八屋 日本茶カフェ

日本茶の新しい文化としての楽しみ方を提案する日本茶専門店「八屋(はちや)」の千駄ヶ谷店が2017年12月1日(金)、代官山店が12月5日(火)にオープン。 「フルーツ入り煎茶ソーダ」や「抹茶を点てるようにつくるお茶ラテ」で伝統の日本茶を現代風にアレンジしたメニューを展開します!

 

“日本茶を新しい文化として現代に再構築”をコンセプトに、人気ファッションデザイナーがお店を総合プロデュース。

 

「八屋」オリジナルの煎茶・ほうじ茶・玄米茶をメインに、茶筅※1でつくるお茶のラテ、お茶に合う和菓子など、ナチュラルで素材の味にこだわった商品を提供します。店名の「八屋」は、日本の雑節※2である「八十八夜」が茶摘みの日とされ、この日に摘んだお茶は古来より縁起物の新茶とされていること、また「八」は「末広がり」として幸運の数字とされていることに由来します。

 

「八屋」に訪れ日本茶を愉しむ人々のもとに幸運が訪れること、「八屋」が現代の人々にとって日本茶をはじめとする日本文化への興味のきっかけとなるようにとの願いが込められています。

 

※1…茶筅(ちゃせん)とは、お湯を加えた茶を茶碗の中でかき回して均一に分散させるための竹製の道具
※2…雑節(ざっせつ)とは、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた特別な暦日

 

「八屋」のおすすめポイントをご紹介!

 

・抹茶を点てるように、茶筅で作るお茶ラテ

 

八屋 日本茶カフェ

茶筅を使用し、抹茶を点(た)てるように粉末のお茶とミルクを混ぜ合わせて、お茶ラテをつくります。通常、抹茶を点てるときに使用する茶筅でラテを点て、その様子をお客様の目の前で披露することで、新しい日本茶文化の姿を提案するとともに、味だけでなく見た目にも楽しめるようにしています。

 

・他にはない!煎茶とソーダ、そしてフルーツの組み合わせ

 

八屋 日本茶カフェ

お店で手作りするオリジナルの「煎茶ソーダ」。煎茶の味を活かしながらもさっぱりとした飲み口で、これまでにないお茶の楽しみ方を提案します。「フルーツ入り煎茶ソーダ」は、煎茶のジュレと季節の果物がゴロゴロ入った、味も食感も楽しめるスイーツ感覚のお茶になっています。

 

・厳選した急須で淹れる様々な茶園のお茶

 

八屋 日本茶カフェ

無形文化財である鎚起銅器(ついきどうき)を扱う玉川堂(ぎょくせんどう)のこだわりの急須で淹れた、茶葉本来の旨味を堪能できるシンプルなお茶を提供します。

 
八屋 日本茶カフェ

店内は、本来の日本文化と現代のテイストを融合させ、洗練された雰囲気。千駄ヶ谷店は、壁をオリジナルの「波」柄、柱を「麻の葉」文様の組子を使用、代官山店は、壁をオリジナルの「松」柄、ポイントで真鍮を使用しています。それぞれの店舗でテイストの異なる「和モダン」の雰囲気を感じられるようになっています。

 

<千駄ヶ谷店>
オープン日:2017年12月1日(金)
住所   :東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8営業時間:9:00~19:00
定休日  :土曜・日曜・祝日・年末年始

 
<代官山店>
オープン日:2017年12月5日(火)
住所   :東京都渋谷区恵比寿西1-16-9
営業時間 :9:00~19:00
定休日:なし(年末年始を除く)

 

いま注目されている日本茶の世界を味わいに、ぜひ足を運んでみてください。新しい発見がありそうで、これからの展開に期待していですね!

 

 

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!