きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

京都・伏見の酒蔵の街に、喫茶空間「伏水菓蔵(フシミカグラ)本店」出来ました

酒蔵巡りを楽しむ人々にとって、新しい憩いの場が生まれました。「京都・伏水 酒まんじゅう」などの優れた京の和菓子を手がけている株式会社和晃(わこう)が、地元である京都市伏見区内の酒蔵が立ち並ぶ通りに、イートイン付き和洋菓子店「伏水菓蔵(フシミカグラ)本店」を12月15日にグランドオープンしました。

 

酒蔵をモチーフにした店内2階には、32席のイートインスペースが用意され、女性にも優しい広々としたパウダールームには、ベビーシートやベビーチェアも完備されています。

 

イートインスペースでは、京都宇治の抹茶を使った抹茶パフェや、白玉ぜんざいなどの和洋スイーツ、お飲み物のほか、こだわりの『スペシャルティコーヒー』なども。あたたかい飲み物と甘いお菓子をいただけば、酒蔵巡りで疲れた身体もほぐれそうですね。

 

 

ぜひおみやげに持ち帰りたいのは、伏見の酒蔵を支える良質な湧き水『伏水』を使用した『京都・伏見 蒸したて酒まんじゅう』。

 

あんこには良質な北海道産小豆のみを使用し、素材の本来のおいしさを引き出す「氷温熟成」で仕立てています。氷温熟成とは、0度以下の素材が凍り始める温度(氷結点)までの未凍結の温度域で素材を熟成させることで、素材が凍るまいとして防御反応が働き、さらに美味しく、しっとり感や口どけを向上させる製法なのだとか。

 

そのほかにも、伏見のお酒とお酒の仕込み水を使ったわらび餅、プリンなどの和洋スイーツや、「杉玉」をイメージした創作和菓子など、酒蔵の街らしい和菓子が多数取り揃えられています。

 

 

京都・伏見の美味しいお酒と、伏水菓蔵(フシミカグラ)のこだわりの甘味を味わいに、酒蔵の街を訪れてみませんか?

 

イートインメニュー(一部)

和スイーツ 130 円 ~ 550 円
洋スイーツ 280 円 ~ 550 円

和スイーツ
・蒸したて酒まんじゅう      160円(1個)
・みたらし団子          130円(1本)
・白玉あんみつ          450 円
・クリーム白玉あんみつ(抹茶)  550 円
・クリーム白玉あんみつ(バニラ)  550円
・白玉ぜんざい          550 円 (秋冬)
・冷やし白玉ぜんざい       550円(春夏)
・わらび餅            400円(夏限定)

洋スイーツ
・抹茶パフェ(カップ or コーン)  550 円
・苺パフェ(カップ or コーン)    550 円
・チョコパフェ(カップ or コーン) 550 円
・桜パフェ(カップ or コーン)   550 円 春限定
・栗パフェ(カップ or コーン)   550 円 秋限定
・ソフトクリーム        280 円

ドリンク
・スペシャルティコーヒー(ホット) 450円
(アイス) 450円
・カフェオレ系         各 500円
・紅茶系            各 400円
・クリームソーダ          450 円
・フルーツジュース系      各 380円
・アイス抹茶            400円
・アイス柚子・ホット柚子      450 円
・冷やしあめ(夏限定)       400 円

  • 伏水菓蔵(フシミカグラ)本店
  • 京都市伏見区上油掛町33
  • 075-604-2237

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!

きるるはらら編集部 Instagram