きるるはらら

物語のあるモノと暮らしマガジン

お花が好きならやっぱり憧れ。自分で作るブーケの基本を教えてもらいました。

ブーケの基本

過去2回にわたってフラワーアレンジメントの基本を紹介してきましたが、今回は憧れのブーケを自分で作ってみます。注意する点をおさえておけば、華やかなブーケを作ることができます。

 

お花が好きなら、憧れるのはやっぱりブーケ。花束もいいけれど、かっちりまとまったブーケなら花瓶に挿すだけで空間を華やかに演出してくれますよね。

 

そんなブーケの作り方を今回スタッフが体験してきました。

 

今回の花材は春らしいピンクのグラデーションでお花を用意していただきました。

 

ブーケの作り方

 

入門編として、ブーケにしやすいお花は茎がまっすぐなもの。それからお花のクッションとなってくれる適度なグリーンを用意しておくと良いです。

 

お花が決まったら、いらない枝葉や節をカットしてまっすぐに整えて机に並べます。

 

ブーケの作り方

 

今回のお花の量で出来上がるブーケはだいたい直径20cmくらい。出来上がりを想像しながら、今までのアレンジメントと同じように大きな花から選んで、イメージを固めていきます。

 

ここで重要になるのがお花の持ち方。ブーケは束ねた部分がくびれていますよね。これは「スパイラル」という技法で、花同士が強く圧迫されても折れたり傷んだりしないように、バランスよく束ねる方法です。

 

説明を聞きながら実践してみます。

 

今回のボリュームから考えて、お花の15cmほど下を左手の親指と人差し指でギュッとつかみます。他の3本の指は開いておきます。

 

花を足すときは、いったん人差し指と親指の輪を開いて、中指・薬指・小指で花を支えながら、スパイラル部分に茎をクロスさせるように乗せていきます。掴む、開く、の繰り返しです。

 

この時に、花の茎同士をクロスさせながら、常に左側に花を組んでいくのが一番大事なポイント。

 

ブーケの基本

 

スパイラルが緩まないよう、時計まわりに回しながら、全体のバランスを整えます。

 

花と花がぶつかってしまうような場合は、グリーンを緩衝材に使って、お花を離してあげると見栄え良く仕上がります。

 

中心が決まってきたら、こんもりと円形に仕上がるように、周辺の花の高さを調整しながらお花を組んでいきます。

 

ずっと左手で花束を掴んでいるので、なかなか大変な作業ですが、ブーケに必要な大事な技術です。

 

バランスよくお花が組みあがったら、麻ひもでスパイラルの部分をきつく縛ります。

 

ブーケの基本

 

うまくスパイラルが組めていれば、お花が圧力で折れることはありません。

なるべく隙間なく、太い茎のそばには細い茎を添えてバランスをとってあげることもポイントです。

 

とにかく左手の動きが難しかったですが、なんとか完成しました。

 

ブーケの基本

 

ブーケの基本

 

いかがでしょうか。かわいらしい、春色のブーケの出来上がりです。

 

次回は自分で花選びをしてブーケを作るという、実践編を紹介しますのでお楽しみに。

 

協力:神楽坂 jardin nostalgique

 

jardin nostalgiqueの紹介記事はこちら

保存

保存

Facebookページへの応援もよろしくお願いします!