糖度ほぼゼロ、夏の果実のように爽やかなビール「父の日IPA」を贈りませんか?

LINEで送る
Pocket

父の日シーズンだけ醸造されるクラフトビール「父の日IPA」。梅雨の時期や初夏にぴったり、パイナップルやシトラス、マンゴーなどの夏のフルーツのような、のどごし爽やかな期間限定ビールです。サンクトガーレンから、6月中旬まで発売中!

IPAとは「インディア・ペールエール」の略で、ビールの香りと苦味の基となる植物「ホップ」を大量に使ったビール。日本で一般的なラガービールよりも濃い琥珀色をしており、クラフトビールの文化を牽引したと言われています。

「父の日IPA」は、なんと糖度はほぼゼロ。クリーミーな飲み口で、苦味は軽やか、ホップが醸し出すフルーツのような香りが凝縮されています。

通常のIPAは、ホップの苦味に甘みを加えることで味の厚みを出しているものが多いのですが、サンクトガーレンのIPAは醸造家の技術力により味と香りのバランスをとり、ホップ本来のフレーバーを引き立てているのです。

サンクトガーレンのIPAは、世界的なビール審査会「ワールド・ビア・アワード」の IPA部門で、2度の世界一(ワールド・ベスト)に輝いた実績をもちます。

2020年時点の日本で唯一ワールド・ベストを獲得したIPAを、父の日にプレゼントしませんか?

サンクトガーレン

LINEで送る
Pocket