世界食になった日本発祥の“魔法のラーメン”の世界

カップヌードル

LINEで送る
Pocket

お湯を入れたら3分で出来上がるカップラーメン。みなさん一度は食べことがあるのではないでしょうか。そんなインスタントラーメンの生みの親は、「チキンラーメン」をつくった日清食品創業者の安藤百福。「カップヌードルミュージアム 横浜」には、世界初のインスタラーメンをつくった奥深~いおいしさと魅力が詰まっています。

 

壁面を覆う3000点のカラフルなパッケージ

魔法のラーメン

 

アジアをはじめ、今や世界で食べられているインスタントラーメン。実はこのインスタントラーメンは日本発の商品。1958年に安藤百福が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」をつくったことに始まります。安藤百福は、NHK連続テレビ小説「まんぷく」のモデルにもなったのでご存知の方も多いのでは。

 

カップヌードルミュージアム横浜外観

 

港・横浜に現れる、カップヌードルの具材“謎肉”を思わす立方体のような建物が印象的。エントランスを入ると真っ白な吹き抜けの空間に包まれ、無垢材の階段が2階へと伸びるさまは圧倒的なインパクト。

 

カップヌードルミュージアム 横浜

 

木肌の美しさが際立つ2階から見下ろせば、白壁がカップラーメンの器、無垢材がラーメンのように映り、カップヌードルの器の中にいるような感覚に!?  “日清”にちなんでエントランスホールの高さは24m。インスタントラーメンひとつで気持ちをワクワクさせる、ちょっと不思議な空間が広がります。

 

カップヌードルミュージアム横浜パッケージ

 

その気持ちに応えるように現れるのが、視界を覆い尽くすインスタントラーメンのパッケージ。その数は約3000点。その種類の多さとカラフルなパッケージには驚くばかり。

 

カップヌードルミュージアム横浜パッケージ2

 

1958年に発売された「チキンラーメン」を筆頭に、インスタントラーメンを世界に広めるきっかけになった、1971年誕生の「カップヌードル」、「どん兵衛」「U.F.O.」「ラ王」・・・ 見たことあるものばかり。

 

カップヌードルミュージアム横浜パッケージ3

 

発売年代順に展示されているので、自分が生まれた年のインスタントラーメンを探すのも楽しいもの。その時代背景を映すようなパッケージデザインも興味深いところです。

 

 

エンターテインメント性あふれる演出で世界にひとつだけのカップヌードルをつくれる!

カップヌードルミュージアム横浜研究小屋

 

NHK連続テレビ小説「まんぷく」にも登場した、「チキンラーメン」開発の原点となった研究小屋も忠実に再現されています。

 

カップヌードルミュージアム横浜安藤百福

カップヌードルミュージアム横浜展示

 

全長58mの真っ白な壁面を使用した「安藤百福ヒストリー」では、インスタントラーメンの開発秘話や歴史などと合わせて、特別な設備がなくても、そのアイデアで困難を突破してきた安藤百福の発想力や創造力のエッセンスを垣間見ることも。「味に国境はない」など、力強い名言が残されています。

 

カップヌードルミュージアム横浜展示2

カップヌードルミュージアム横浜展示3

 

インスタントラーメンをエンターテインメントに昇華させる演出が秀逸なのですが、カップをデザインし、4種類のスープ(1つ選択)や12種類のトッピング具材(4つ選択)を選んで、世界にひとつだけのオリジナルカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」300円や、チキンラーメンを小麦からこねて手作りすることができる「チキンラーメンファクトリー」500円など、実際にインスタントラーメンに触れることができる、体験型ミュージアムの要素があるところもおもしろい。

 

マイカップヌードルファクトリー

チキンラーメンファクトリー

 

「カップヌードル」のスープや具材を使った「カップヌードル ソフトクリーム」300円など、ここでしか味わうことのできない特別な味も用意されています。

 

カップヌードル ソフトクリーム

 

◆カップヌードルミュージアム 横浜◆

http://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

 

【住所】神奈川県横浜市中区新港2-3-4

【営業時間】10:00~18:00(入館は17:00まで)

【定休日】火曜(祝日の場合は翌日)

【料金】入館料500円(高校生以下は無料)(各アトラクションは有料)(4月より料金改定予定)

【アクセス】みなとみらい線「みなとみらい駅」5番出口より徒歩8分

 

Photos  (C)tawawa
 

記事は取材当時のものです。

LINEで送る
Pocket