カルチャー

対象記事:56件
りんごとお菓子作りへの夢が詰まった小さな工房「りんごのお菓子 ポムム」

東京・国立(くにたち)の小さな工房で、一つ一つ手作業で作られているりんごのマカロン。ちょっと不揃いなところも、まるで本物のりんごのよう。緑色のヘタのように見える部分にはピスタチオが埋め込まれています。 見た目はクッキーの […]

毎日がちょっといい日に。瀬戸内の伝統と手しごとを楽しむ「HIYORI」の和三盆

「和三盆糖」は、日本の中でも香川や徳島といった讃岐地方の一部でのみ栽培されている「ほそきび」と呼ばれているサトウキビを原料とします。名前のとおり、他の地域よりも細くて背の低いサトウキビ。このサトウキビでないと和三盆の上品 […]

日本橋 榛原 和紙のある豊かな暮らし 日本橋「榛原(はいばら)」が伝える伝統と現代のぬくもり

創業者である初代中村佐助は、若い頃奉公していた書物問屋で木版摺りの技術を学び、年期が明けた後は質の良い紙に木版摺りを施した便箋やうちわを販売する和紙小間物販売店を日本橋に開業しました。 当時より木版摺りのうちわ、便箋、金 […]

筒井時正玩具花火製造所 伝統を守りながら、魅力あるユニークな花火や思わず笑顔になる花火を作り続ける 福岡県「筒井時正玩具花火製造所」

筒井時正玩具花火製造所は80年以上子供向けの玩具花火を作ってきた工場で、日本で3社しかないという国産線香花火の製造所でもあります。 製造所は福岡県みやま市の緑豊かな土地に構えられています。 過去には国内唯一の線香花火製造 […]

ぷんぷく堂 本八幡 文具店 店舗 外観 夜の5時から開くノスタルジックな文具店、「ぷんぷく堂」が愛される理由

「ぷんぷく堂」の商品はコチラ 入り口には“文具店は夜開く”と力強く書かれた赤ちょうちんが灯り、店名入りのレトロな自転車が一台。お店に入る前から期待が高まります。まるで絵本から出てきたような真っ赤な扉を開くと、そこにはさま […]

石川紙業 和紙貼り陶器 美濃まねき 招き猫 美濃和紙で人を笑顔に。「石川紙業株式会社」がつくる和雑貨の魅力とは

「石川紙業株式会社」の商品はコチラ 石川紙業は、岐阜県美濃市のうだつの上がる町並みに本社とショールームを構えられています。昔ながらの古き良き町並みは、市の重要伝統的建造物群保存地区でもあります。とても美しく、どこか懐かし […]

京都あじき路地「すずめや」の手製本ノートにあなただけの物語を綴ってみませんか?

「すずめや」の商品はコチラ お店の名の通り、すずめのスタンプがトレードマークになったあたたかみのある手製本のノートたち。どれも可愛らしく、そして手に取ると丁寧に作られたことが伝わってくる、思わずほっこりしてしまうアイテム […]

Jul 希少な伝統工芸に輝きを与える。儚げで神秘的な石川県金沢市「Jul(ユール)」の和紙から生まれるアクセサリー

  Julの商品はコチラ   石川県金沢市で、伝統工芸の「二俣和紙」を使ったアクセサリー“murmur”(マーマー)を製作するブランド「Jul(ユール)」の北美貴さんにお話を伺いました。   […]

台湾茶が教えてくれた、心豊かな生き方について。お茶のお店「チャリカ」

「チャリカ」とは、茶(Cha)とスペイン語で豊かさを意味するリカ(Rica)を掛け合わせた言葉。まるで雑貨屋さんのような響きのこのお店では、店主のミネオマイコさんによる、台湾の茶葉やハーブ、花やドライフルーツなども取り入 […]

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 手紙を書くためだけの部屋があるリゾートホテル

その他「豊かな暮らしのエッセンス – ホテルのコンセプトルーム」の記事はこちら キラキラと輝く太平洋に沿うように、約11㎞にわたって続く黒松林とパームツリー。そんな自然に抱かれた中にある宮崎県の「フェニックス […]

カップヌードル 世界食になった日本発祥の“魔法のラーメン”の世界

お湯を入れたら3分で出来上がるカップラーメン。みなさん一度は食べことがあるのではないでしょうか。そんなインスタントラーメンの生みの親は、「チキンラーメン」をつくった日清食品創業者の安藤百福。「カップヌードルミュージアム […]

沼津港深海水族館シーラカンス・ミュージアムのシーラカンス冷凍個体2 本物のシーラカンスがいる世界唯一の深海をテーマにした水族館《プレゼント企画付き》

※プレゼントのご応募は終了しました。 世界初の深海に特化した水族館が日本にあることをご存じですか。場所は静岡県の沼津。しかも”生きた化石と”といわれるシーラカンスが5体も展示されているのです。レプ […]

ONESTORY南会津 たったひとつを叶える旅!?南会津に眠る魅力を発見する地域密着ディープ旅

田んぼにポツンとある無人駅「会津山村道場駅」で降りない気ままな旅人 初夏の清々しい陽光に包まれた、6月下旬に開催された南会津への旅。春・夏・秋・冬と年4回のツアーが開催される予定ですが、今回はその第1回目・春のツアーで1 […]

ねぶたの家ワ・ラッセ みちのくの短い夏を彩る豪華絢爛な青森ねぶたを1年中楽しめる「ねぶたの家 ワ・ラッセ」

勇壮絢爛な光の洪水が夏の夜を飾る   「ねぶた」と一言でいっても、実は青森や弘前、五所川原、黒石など、青森県内各地域で行われており、その代表格が青森市で開催される「青森ねぶた」。8月2日からの7日間(前夜祭は1 […]

竜泉寺の湯 八王子みなみ野店 関東最大級の日帰り温泉のオシャレなリビングで至福のひととき

  1990年に名古屋で開業した「竜泉寺の湯」は、日本で初めて“スーパー銭湯”と名付けた温浴施設を造ったことで知られ、2000年には“人工炭酸泉”を温浴施設として初めて導入。健康にいい炭酸泉ブームの火付け役とも […]

積善館「元禄の湯」 “浮世の雑念はお忘れください” ジブリアニメのモデルになった大正ロマン香る湯宿で温泉を愉しむ

(C)tawawa   四万川の流れに沿って続くひなびた温泉街を歩いていると、ここだけ時間が止まってしまったかのように現れる赤い橋。“ここからは浮世の雑念は忘れください”と言われているような、不思議な魅力をもっ […]

石に囲まれたカフェ「Rockside Market」で、栃木で出会う人たちと新しい文化を紡ぐ

  その名も、Rockside Market(ロックサイド・マーケット)。大谷資料館のそばに建つこの拠点は、一見するとミュージアムショップのように思われる方もいるかもしれません。実際に、大谷資料館の観光の後にほ […]

気仙沼湾をのぞむ「風待ち」の老舗米店がはじめた、可愛いおこわ屋さん

  小さなかわいい湾を囲うようにして広がっている気仙沼内湾地区。ここにしかないこの風景、そして、さっぱりと気のいい人たちが暮らすこのまちに惹かれて、震災前から通い続けている人も多いそう。   復興の様 […]

東洋文庫ミュージアム 本の森に包まれる映画のセットのような“日本一美しい本棚”がある「東洋文庫ミュージアム」

  1924年に三菱第三代当主岩崎久彌氏によって設立された「東洋文庫」は、世界中から集められた文献・貴重書・絵画など、約100万冊が収められた東洋学の専門図書館・研究所。世界5大東洋学研究図書館にも数えられ、東 […]

すこし不思議でどこか懐かしい、活版印刷屋「九ポ堂」の架空世界

  九ポ堂ならではの世界観が色濃く現れているのは、立ち上げ当初から増え続けている「架空商店街」シリーズ。   紫陽花の上でかたつむりが営業している「でんでん商店街」、眠れない夜に開店するお店「ツキアカ […]

フェアトレードチョコレートで笑顔がつながる、「バニラビーンズ」鎌倉店OPEN!

  「バニラビーンズ」は2000年に2坪のプレハブ小屋で創業し、インターネット販売からスタートしました。やがて、カカオ農園の決して豊かではない現状を知り、「食べるひとも作るひとも生産者のひとたちも みんなが笑顔 […]

本と人の間に息づく物語を、もう一度綴じ直す。「空想製本屋」本間あずささん

  「空想製本屋」が手がける、この『庭の本』シリーズは、“移ろう季節を本に閉じ込めたい”という思いから生まれました。   春の表紙には椿の花、綴じ糸には桜の枝が、染色のために使われています。夏の表紙に […]

カカオの産地から日本まで、笑顔がつながるチョコレートブランド「バニラビーンズ」

  みなとみらい本店、川崎店を展開し、2019年2月には鎌倉店をオープンさせるバニラビーンズ。   そのはじまりは2000年、熟練のショコラティエでもある八木克尚さんが自宅に建てた小さなプレハブ工場か […]

玉藻小路 宿場町のノスタルジックな面影を残す小さな店が集まる「玉藻小路」

  日光街道沿い、「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」の駐車場脇の小道を進むと現れる「玉藻小路(たまもこぢ)」。昔は花街だったといわれる場所で、人ひとりがやっとすれ違うことができる路地には長屋が並び、なんともい […]

柴田菜月 異国の風と日本のものづくりを活かした 柴田菜月さんの陶芸作品のやさしさ

柴田さんは女子美術大学付属中学校、高校卒業後、女子美術大学工芸科では陶芸を専攻します。その後東京芸術大学大学院美術教育専攻修了。女子美での助手職ののち、信楽の陶芸の森で創作研修生を。そこで出会ったベルギーの方との縁でベル […]

色彩と光が織りなす美しきガラスペン 「川西硝子」の魅力とは

20歳の頃より世界中を旅していたという独特な経験を持つ川西さん。10年を超える放浪生活の中でガラス細工と出会ったことが今に至るそもそものきっかけなのだそうです。とても気になるバックグラウンドをお持ちですが、まずは川西硝子 […]

日本科学未来館 宮原さま 科学館で出会う、新しい世界への扉 日本科学未来館が魅せる未来とは

  この度、2018年6月20日に常設展を含めた展示が一部リニューアルされたと聞き、展示開発課マネージャーの宮原裕美さんに直接お話を伺いました。     展示を作り出すうえで大事なもののひと […]

BUNi PUNi 思わずクスッと笑えるような、愛らしいネコたち。木彫にこだわったBUNi PUNiの作品が生まれるまで

  菅野さんはひょうたん型のネコなどの木彫り人形を、世界一軽くて柔らかい木材といわれるバルサ材で制作しています。ポップな色合いで着彩された猫たちは、手にしてみると軽く、それでも木の素材感がしっかりと残っています […]

鹿沼 古峯神社 栃木のパワースポット 天狗の宿として注目の古峯ヶ原古峯神社、その神秘に触れてきました!

  初夏の陽射しが眩しい6月の初め。編集部は鹿沼市で一番の観光スポットだという「古峯神社」へ向かっていました。途中お会いした地元の方は「あんな遠くまで行く気なの!?」とびっくりされていましたが、秘境にあるとは事 […]

一心堂本舗 ひだりうちわ 世界の紙を使って日本文化を発信 Made in Japanのコンパクトなうちわ「ひだりうちわ」に注目!

    「ひだりうちわ」は世界の紙を使用し、国内で製造した、バッグに入るコンパクトサイズのうちわ。利き手でない左手で悠々とうちわを扇ぐ姿から転じて、安楽な暮らしを意味することわざ「左団扇」があるように […]

かぬまオープンファクトリー ものづくりの現場を体験しに「第1回かぬまオープンファクトリー」にお邪魔してきました!

  編集部が参加したのは最終日の6月2日。事前に鹿沼商工会議所からいただいていたチラシとにらめっこ。様々な工場の情報が掲載されているのですが、それぞれ見学日時が決まっているので、工場の所在地がまとめられた地図を […]

資生堂パーラー レストラン 伝統を守りながら現代の風を感じさせる西洋料理を味わって 銀座「資生堂パーラー」

  資生堂パーラーの創業は古く、1902年。日本初のソーダー水と当時珍しかったアイスクリームの製造販売から始まりました。ソーダファウンテンという機械を使って、当時は20種ほどの味があったそうです。   […]

DIC川村記念美術館 豊かな緑の中でゆったり美術鑑賞を楽しむ1日はいかが? 千葉県佐倉市「DIC川村記念美術館」

    美術館の開館は1990年、DIC株式会社がその関連会社とともに収集した美術品を公開するために作られました。展示室はそこに展示される作品のために設計されているという点が特徴的です。   […]

instax SQUARE SQ10 日常生活をちょっと豊かに、楽しくしてくれる新しいチェキinstax SQUARE SQ10

  真四角になったことで、被写体を撮れる範囲も変わりましたが、被写体自体も多様に楽しんでもらいたいという富士フイルムさんの願いもそこにはありました。   今までパーティーや自撮りなどのコミュニケーショ […]

金沢芸妓 七葉 歴史情緒が薫る街、金沢。金沢芸妓さんの1日に密着。そのお仕事とは

  芸妓さんというと京都をイメージされる方も多いと思いますが、意外と全国に芸妓さんはいらっしゃるそうです。その中でも茶屋街があり、たくさんの芸妓さんがいるのが京都と金沢だと言えます。   京都と金沢の […]

カモ井加工紙 mt マスキングテープ 女性たちの声を形に。工業用品から生まれ変わった「mt」のマスキングテープ

  1923年に「カモ井のハイトリ紙製造所」として創業し、ハエ取り紙などを主に製造していた会社は、1946年に「カモ井加工紙株式会社」に改称されます。そして1961年には自動車産業の拡大にともない、はじめての和 […]

うるしアートはりや 蒔絵 日本伝統の蒔絵を新しく。気軽に楽しめる蒔絵のアクセサリーを世界へ

  もともとは茶道具のお棗(なつめ)などをご両親が蒔絵師として作っていて、ずっとそのお棗の蒔絵だけに取り組んでいたそうです。工房があるのは山中温泉という山中漆器の産地ですが、実は私たちが目にする漆器というのは全 […]

花がある暮らし。豊かな時間を作り出すアルミ花器の可能性 栃木県足利市 丸信金属工業

  会社は創業から60年続いていて、今が3代目。創業は坂本さんの祖父で、当時アルミの産業が盛んだった栃木県足利市に工場を構えました。その頃は家庭用の金物、急須やお鍋、薬缶などいろいろなものを作っていたのだそうで […]

ほぼ日手帳 手帳ブームの火付け役、大人気の「ほぼ日手帳」開発秘話を伺ってきました!

  ほぼ日手帳は2002年版生まれ。きっかけは、ほぼ日の社員さんやほぼ日刊イトイ新聞の読者さんを含めた、みんなで持てる「生徒手帳」的なものが欲しいよね、という社内の声でした。   初年度は何も分からな […]

ミロコマチコ いきもののおまじない 「いきもののおまじない」ミロコマチコさん展示会で感じた動物たちのいのちの力強さについて

    ミロコマチコさんは、1981年大阪府生まれ。生き物の姿を生命力あふれる力強さで表現し、国内外で個展を行っています。絵本『オオカミがとぶひ』で第18回日本絵本賞大賞を受賞。『てつぞうはね』で第4 […]

poetoria 種田ゆか 物語を感じさせる愛らしい器や陶器。poetoria / 種田ゆかが生み出す世界

  種田さんは、ものづくりをしている人の多くがおそらくそうであるように、自分も身の回りの「もの」に対してすごく執着とこだわりがあるそうです。様々なものを収集していくうち、ようやく自分の好みがはっきりとしてくる。 […]

HAZE 和ろうそく 川越 日本古来のろうそくを手づくりで守り続ける和ろうそく HAZE

  今回はHAZEの戸田佳佑さんにお話を伺ってきました。 まずはお店に並んだ色とりどりのろうそくがとてもきれいで、女性ならきっと見入ってしまうこと間違いなし。間取りも古民家を改装した店内で、ゆったりとした空気が […]

フラワーリース 作り方 お花を長く飾って楽しみたい。お部屋がぐっと華やぐフラワーリースを作ってみませんか

  まず用意する道具。ベースと麻ヒモを使いやすく手のひらサイズに巻き直したもの、花ばさみです。     今回はドライフラワーに適した、水分が少なめで乾いたお花とグリーンを用意。スターチスを彩 […]

日常の花あしらい お家にあるものを使ってひと工夫。シンプルで手軽な日常の花あしらいを楽しもう

  使用するのはお家の食器棚にありそうな器やバスケットなど。いろいろな器がありますが、オアシスを使わずに工夫を凝らした花活けをしてみましょう。   例えばワイングラスには葉物を垂らしてあげるだけでも雰 […]

てぬぐい chill 伝統の染め技術「注染」手ぬぐいの復活と継承。オリジナル手ぬぐいブランド「注染てぬぐいchill」がオープン

  「注染てぬぐいchill(チル)」の店主、三上翔さんは祖父の代より注染に使う防染糊を作る町工場を経営。幼少期より、てぬぐいや注染の文化を身近に感じながら育ちました。   柏原で生まれ育ち、堺に負け […]

ブーケレッスン 花選びから始めるブーケレッスン。お花屋さんの店頭で選んだ好きな花でブーケを作ってみました。

  前回はブーケにしやすいお花をあらかじめフローリストさんに選んでいただき、初めてのブーケ作りにチャレンジしましたが、今回は自分の好きなお花を店頭で選んでブーケにしました。花選びの基本も合わせてご紹介します! […]

浮き星 作り手はたった1軒。かわいくてこころ癒される新潟の伝統的なお菓子「浮き星」

  「浮き星」はもち米(あられ)に砂糖蜜をかけた甘いお菓子です。 一見、金平糖のように見えますが、中身があられなので甘さが控えめで素朴な味わい。     ヒッコリースリートラベラーズのプロデ […]

虎ノ門フラワーマート 春のお花が勢ぞろい!「虎ノ門フラワーマート」に行ってきました

  4月8日(土)に虎ノ門ヒルズで開催された「TORANOMON FLOWER MART(虎ノ門フラワーマート)」へ足を運びました。   オープンと同時に訪れましたが、すでに会場にはたくさんの人で賑わ […]

ブーケの基本 お花が好きならやっぱり憧れ。自分で作るブーケの基本を教えてもらいました。

  お花が好きなら、憧れるのはやっぱりブーケ。花束もいいけれど、かっちりまとまったブーケなら花瓶に挿すだけで空間を華やかに演出してくれますよね。   そんなブーケの作り方を今回スタッフが体験してきました。   今回の花材 […]

お香作り体験 自分だけの香りを作る。香りを聞きながら安らぎのひとときを楽しむ。神楽坂「Juttoku.」お香作り体験

以前ご紹介した神楽坂のJuttoku.でお香作りを体験してきました。   お香の調香は平安貴族も嗜んでいたというのですから、私もすこし風流な気持ちになります。     こちらがお香の原料です […]

お部屋に彩りを。季節のお花で楽しむフラワーアレンジメントの基本。投げ入れ編

「投げ入れ」という言葉は聞きなれない言葉ですが、お花屋さんでは器に直に挿して形を整えていくアレンジのことを指すそうです。その他にはブーケのように束ねたり、前回のようにオアシスを使った方法があります。   個人的には私が一 […]

日本古来の伝統「お香」でちょっと上質な日常を。ひとつひとつ職人が手作りしたお香専門店 神楽坂「Juttoku.」

今回はお香で楽しむちょっと豊かな日常をご提案します。   神楽坂にあるお香専門店「Juttoku.」オーナーの井口さんにお話を伺いました。     お香との運命的な出会い 元は会社員としてお […]

「書くこと」をコンセプトにオリジナリティ溢れる文房具を提案する蔵前「カキモリ」

今回は、そんな「カキモリ」店主の広瀬さんにお話を伺ってきました。   広瀬さんは祖父の代から文房具店を経営していたのだとか。当初は東京で役所などに文房具の営業をしていたけれど、時代はネット通販主流になり方向転換 […]

日々の生活に彩りを添える オアシスを使ったフラワーアレンジメントの基本

今回はスタッフが実際にレッスンを受けながら、基本のオアシスを使ったアレンジメントをご紹介します。   まず用意するのは手ごろな大きさの器。今回は直径10cm〜15cmほどのものを用意しました。オアシスを入れるので、それを […]

女性の夢を形にしたようなお花に溢れるノスタルジックな花屋さん「jardin nostalgique」

  店主はフランスで修行を積んだフローリストの青江さんと、フローリスト兼パティシエの加藤さんのお二人。なんとここは花屋さんであり、また美味しいケーキをいただけるカフェでもあるのです。   お二人は花市 […]

築50年のガレージをほぼひとりで改装!写真の様々な楽しみを提案する浅草橋のアトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」

浅草橋にあるアトリエギャラリーショップ、「写真企画室ホトリ」にお邪魔してきました。   建物は築50年のガレージだったものを、2012年にsaorinさんがほぼひとりで改装したそう。レトログリーンのペンキや、目 […]