まるでスイーツ?大分県オリジナルいちご「ベリーツ」関西地区での本格販売スタート!

大分県 オリジナルいちご ベリーツ

大分県のオリジナルいちごとして知られる「ベリーツ」。県民に愛されるいちごから、ブランドいちごとしてより一層の知名度を図るべく、関西地区での本格販売を11/29より開始することが決定しました。まるでスイーツのような上品な甘酸っぱさが特徴の美味しいいちごです。

大分県 オリジナルいちご ベリーツ

 

ベリーツとは、約8年の歳月を経て2017年に誕生した大分県オリジナル品種のいちごです。鮮やかな赤色の見た目、そして甘さと酸味を併せ持つバランスと香りの良さ…単体でスイーツとなり得るいちごという意味を込め、ストロベリーとスイーツを掛け合わせたベリーツという名前が生まれました。

 

大分県 オリジナルいちご ベリーツ

 

なぜ関西地区での販売を開始することになったのでしょうか?実は大分県産いちごの販売実績が30年以上あるというのが京都市場。京都を拠点とし、関西の幅広いエリアに渡ることでベリーツが多くの方に愛されるいちごとなることを期待しているのだそうです。

 

大分県 オリジナルいちご ベリーツ

 

またベリーツのパッケージにも注目!可愛いらしいロゴやフォントデザインは全てデザイナーが監修、作成しており、とてもおしゃれな印象に。資材にもこだわっているのだとか。

ベリーツ イラスト わたせせいぞう

キャッチーなイラストが目をひくポスターは、イラストレーター・わたせせいぞう氏によるもの。大分県の特徴がベリーツとともに散りばめられた、大人な雰囲気のポスターです。

 

こだわりいっぱいの大分県オリジナルいちご、ベリーツ。ぜひ一度味わってみては?