かるたの聖地・滋賀県大津市の和菓子店から登場!小倉百人一首モチーフの最中「あも歌留多」

あも歌留多

滋賀県大津市で48年続く代表銘菓「あも」。新しい食べ方の提案として生まれたのが、美しい小倉百人一首をモチーフにした最中「あも歌留多」です。かるたの絵札を精密にプリントした芸術的な和菓子は、ちょっぴり粋な手土産におすすめです!

あも歌留多

 

大津市の和菓子店、叶 匠寿庵(かのうしょうじゅあん)の販売する代表銘菓「あも」をご存知ですか?つぶあんとお餅を組み合わせたシンプルな棹菓子で、1971年に誕生しました。職人が丁寧に炊き上げる小豆の控えめな甘さがとても上品。お餅との食感の違いも楽しみながらいただけます。

 

あも歌留多

 

あもをカットして、最中に見立てた「あも歌留多」は見た目のインパクトも抜群!かるたの聖地と呼び声高い、近江神宮ゆかりの小倉百人一首の絵札がカラフルにプリントされています。

 

近江神宮

 

11月1日より叶 匠寿庵全店舗にて販売スタート!最中を作る時も楽しく、ご家族や親戚が集まるお正月や、お祝いの際の手土産などにぴったりですね。ぜひチェックしてみてください。

 

叶 匠寿庵

【商品名】あも歌留多

【販売日】 2019年11月1日(金)より通年販売

【価 格】 あも歌留多(最中種)単品 5組入(10枚)  500円(税抜)

        あも+あも歌留多(最中種) 2箱     2,400円(税抜)

【販売店】叶 匠壽庵 全店舗