誰にも邪魔されない第2次世界大戦の防空壕の風呂が貸し切りで楽しめる温泉

大東館

夏の空気がまだ残るこの季節、ざぶ~んと肌にやわらかな温泉の心地好いこと。秋の萌えるような紅葉温泉も素敵ですが、まだ蒼い緑を季節の移ろいを感じながら入る湯も格別です。そこで、日帰り入浴なのに無料で貸し切りできる至福の温泉を紹介します。

暗闇に包まれた防空壕を抜けると現れる鉄釜の五右衛門風呂 

大東館貸し切り風呂

 

温泉好きの間では知られている静岡県・伊東温泉にある「大東館」。旅館なので宿泊すれば、もちろん温泉を楽しめるのですが、日帰り入浴800円で、無料で貸し切りできる温泉が3つもあるのです。しかも、第二次世界大戦の防空壕の風呂・・・ 何ともいえない誘惑に駆られませんか。

 

大東館防空壕入口

 

「大東館」の地下にある防空壕。第二次世界大戦中に熱海市網代から伊東市にかけて掘られたもので、その数は30カ所ほどあるのだそう。そのうちのひとつで、総延長は約300m。ゴツゴツした岩肌がむき出しで暗闇に包まれた壕内は湿気があり、この先に温泉があるとは思えない雰囲気。ちょっとしたアドベンチャー気分を味わえます。

 

大東館防空壕

 

総延長は300mですが、温泉までは途中で折り返して30mほど。壕内には伊豆半島ジオパークにも認定されている、約2万3000年前に噴火したスコリア(粘り気の弱いマグマのしぶき)が固まり、ミルフィーユ状の地層をつくっているのでお見逃しなく。

 

大東館防空壕2

 

大東館五右衛門風呂

 

と、温泉紹介とは思えない内容ですが、そんな思いをして辿り着くのが貸し切り可能な「五右衛門風呂」。2つある湯船は広島県産の鉄釜。熱つめとぬるめの湯が用意され、湯船にあふれる湯は無色透明の自家源泉100%。鉄釜のゴツゴツとした肌触りが特徴的です。

 

大東館五右衛門風呂湯船

 

湯船の深さが40㎝で寝ながら入るすべすべの玉石風呂 

大東館回廊

 

オレンジの壁面に覆われた飛び石が続く回廊の先にあるのは「寝風呂」。こちらも、もちろん貸し切り可能。赤褐色の玉石が底に敷かれた独特なお風呂で、その深さはわずか30~40㎝ほど。“寝風呂”なので、寝ころびながら温泉を楽しめるようになっていて、頭上にある丸太を枕にのんびりと湯を楽しめます。

 

大東館寝風呂

 

ややぬるめの湯で、すべすべした玉石の肌触りも心地好く、思わず眠ってしまいそうな気持ちよさです。

 

大東館寝風呂湯船

 

源泉かけ流し緑の息吹に包まれた極上露天 

大東館回廊2

 

ホテルのエントランス脇から続く飛び石の先には、3つ目の貸切風呂が。3名ほどが入ることができる大きすぎない露天風呂が調度よく、緑に手が届きそう。自然をすぐそばに感じながら誰にも邪魔されない至福のひとときを送れます。

 

大東館露天風呂

 

大東館露天風呂全景

 

第二次世界大戦の防空壕を進んで辿り着く「五右衛門風呂」や「寝風呂」、「露天風呂」の3つの貸切温泉に加えて男女別の大浴場も。こちらにも露天風呂が併設。自家源泉3本を所有する湯宿だからできる、源泉かけ流しの湯で温泉三昧を楽しんでください。

 

大東館温泉

 

大東館

http://www.daitokan.jp/

【住所】静岡県伊東市末広町2-23

【営業時間】14:00~22:00

【料金】800円(日帰り入浴)(宿泊は1泊朝食付き7000円~)

【アクセス】JRほか「伊東駅」より徒歩約12分

 

Photos:(C)大東館 (C)tawawa