たばこと塩の博物館にて「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」開催中!

季節の飾りのミニチュア

人を惹きつけるミニチュアの世界。今回なんと約1500点ものミニチュアコレクションが公開されるという、墨田区・たばこと塩の博物館にて開催中の「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」に注目です!期間は9/7〜12/1まで。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

小林礫斎制作のミニチュア

 

「たばこと塩の博物館」は、専売品であったたばこと塩の歴史と文化をテーマとして、日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社)により設立された博物館です。現在は渋谷から移転し墨田区にて開館しています。

 

お茶道具のミニチュア

 

今回開催されるのは「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」と題された、約1500点にものぼる一大コレクションがお披露目される注目の展示です。

 

小林礫斎制作のミニチュア

 

コレクションの中核となるのは稀代の職人・小林礫斎作品を含むオーダーメイドのミニチュア約800点から成る「中田實コレクション」です。扉や引き出しなどの開閉、回転するコマなど、ギミックに驚かされる超絶技巧を目の当たりにできます。

 

象牙箪笥

小屏風

 

また江戸玩具や暮らしの道具、人形などを集めた素朴で懐かしいミニチュア約600点で構成される「倉田コレクション」も。

 

調度などのミニチュア

 

そして江戸から明治にかけての雛道具の喫煙具類約20点を集めた「ミニチュア喫煙具コレクション」など、とにかく見ごたえ抜群。

 

雛道具のたばこ盆

 

墨田区に移転してからは初となるミニチュア展。それぞれのコレクションの収集経緯や特徴の紹介もありますので、じっくりお楽しみいただけます。

 

桑兎蒔絵硯箱

 

会期中には講演会などのイベントもありますので、詳細はウェブサイトをご確認ください。魅力たっぷりのミニチュアの世界。目を凝らしながら展示を楽しんでみてくださいね。

 

館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力

【会期】201997()121()

【会場】たばこと塩の博物館 2階特別展示室

【所在地】東京都墨田区横川 1-16-3

【アクセス】とうきょうスカイツリー駅から徒歩8

【入館料】大人・大学生      :100(50)

     満65歳以上の方(要証明書)50(20)

     小・中・高校生     :50(20)

     ※( )内は20名以上の団体料金

【開館時間】午前10時~午後6(入館は午後530分まで)

【休館日】月曜日(但し9/169/2310/1411/4は開館)9/17()9/24()10/15()11/5()