女性が訪れる!?明治36年創業の完全予約制カミソリ専門店「カミソリ倶楽部」

カミソリ倶楽部

みなさん、ヒゲの処理はどうされていますか? 男性はもちろんですが、女性でもムダ毛のお手入れは、日常生活の中で当たり前ですよね。そんなときに使うのが“カミソリ”。このカミソリを専門に扱う国内唯一のユニークな店が横浜にあるんです。

 

カミソリ倶楽部ロゴ

(C)カミソリ倶楽部

 

これが、明治36(1903)年に創業した「カミソリ倶楽部」のロゴ。よ~く見てください。文字が隠れていませんか? カミソリの両刃ホルダーがクロスして「父」の文字に。毎日使うカミソリを男の道具としてとらえ、父への感謝を表しています。ということは・・・ そうです、父の日や大切な人へのプレゼントにもおすすめなのです。

 

カミソリ倶楽部エントランス

(C)tawawa

 

「カミソリ倶楽部」があるのは横浜・たまプラーザ。閑静な住宅街の一角、フランスの石造りのアパルトマンを思わす瀟洒な建物が、完全予約制という特別な空間へと誘います。エントランスで名前を告げ、中庭が美しいテラコッタの廊下を進むと現れる「カミソリ倶楽部」。

 

カミソリ倶楽部内観

(C)tawawa

 

真っ白な扉の向こうには、革張りのソファーが配され、ハイソで落ち着きのあるプライベートな空間が広がります。壁面を彩るのは、ひとつの絵画のように飾られたアンティークなカミソリたち。

 

カミソリ倶楽部ショーウインドー

(C)tawawa

 

「明治36(1903)年に、東京・上野で鈴徳安全カミソリ製作所として創業し、その後、高級カミソリなどを扱う刃物問屋・卸商を行っていたんです」と話すのは、4代目の竹内さん。1960年代には、日本におけるSchick(シック)製品販売も担うほどの歴史があり、2000年に「カミソリ倶楽部」を設立。横浜バーニーズニューヨークには、理容店「BARNEYS BARBER‘S SHOP by KAMISORI CLUB 148」もあります。

 

カミソリ倶楽部ソファー

(C)tawawa

 

「家にはさまざまなカミソリが30本はありますよ」と語る竹内さん。剃り心地はもちろんですが、それぞれに思い入れがある様子。個人のお客さんに加え、商談などにも使われるこのプライベートショップには、シックやジレット、フェザーをはじめ、年代物のカミソリやボウル、グルーミングアイテムが整然と並びミュージアムのよう。

 

カミソリ倶楽部アンティーク

(C)tawawa

 

鬚にこだわりをもった、情報に敏感なダンディーが多く訪れるのかと思いきや女性が8割とのこと。

 

「付き合ったばかりの男性に、カミソリはプレゼントしないですよね。お付き合いの浅い女性に香水をプレゼントしないように。カミソリって、肌に直接触れるものだし、相手の好みや内面を知って、初めて贈れるものだと思うんです。そんな想いから、長く愛用してもらえるものを取りそろえています。」

 

マンダリンオレンジとアクアブルーの縞模様がかわいい「交換式アナグマブラシ」3780円は、シルバーチップのきらめきも美しく、まるでアクセサリーのよう。きめ細かい泡立ちが特徴のアナグマブラシは、髭剃りだけでなく、洗顔にも使えます。

 

カミソリ倶楽部「交換式アナグマブラシ」

(C)カミソリ倶楽部

 

理容店の赤・白・青の看板ポールをイメージさせるような「サインボッチェリ 外科医COLOUR 3枚刃カミソリ」8640円。イタリアのフィレンツェで作られ、スマートなフォルムと爽快なカラーで、朝の髭剃りタイムが楽しくなりそうです。

 

カミソリ倶楽部「サインボッチェリ 外科医COLOUR 3枚刃カミソリ」

(C)カミソリ倶楽部

 

「完全予約制のショップなので、お電話の段階で、どのようなものがお好みかお伺いします。メーカーや色合い、機能、どのような方がお使いになるかなど・・・ それを踏まえて商品をセレクトしますので、実際に見て、触って、お選びください。」

 

「多くのお客様は1時間30分~2時間くらいはいらっしゃいますかね。ゆったりとした時間の中で、いろいろなお話をお伺いしながら・・・ 男性のお客様なら、鬚のお手入れや鬚の剃り方のアドバイスもしますので、何なりとお聞ききください。」

 

「ギフトセット BLACK COLOURセット」6480円(WEB限定販売)。シックのカミソリ・アナグマブラシ・陶器製のマグカップ・石鹸の4点セット。これだけあれば、一人前の男になれそうな予感がします。

 

カミソリ倶楽部「ギフトセット BLACK COLOURセット」

(C)カミソリ倶楽部

 

昔懐かしい両刃カミソリとアナグマブラシ・陶器製のマグカップ・スタンド・スキンケアがセットになったものなどもあります。

 

カミソリ倶楽部スキンセット

(C)カミソリ倶楽部

 

電気シェーバーとカミソリ、どちらにも利点があり、シェーバーは“刈る”、カミソリは“剃る”ニュアンスをもち、シェーバーは“ジー”、昔のカミソリは“ジョリジョリ”、今のカミソリは“サーサー”と、2枚刃、3枚刃と、格段に肌に優しい配慮がされているとのこと。また、カミソリは、剃った後の爽快感が格段に違うとも。

 

髭を剃ることは“朝の男の儀式”と語る竹内さん。長年この業界に携わってきたらこそ発せられる言葉には、「毎日忙しい日々のひととき、鏡の前で自分と向き合う時間を作れ」とでも言われているように感じました。そんな時間の余裕を持つことができるのが大人のたしなみ・・・

 

カミソリ倶楽部「NORIOKKI-MICRO SILVER FUSION5」

(C)カミソリ倶楽部

 

オリジナル商品である「NORIOKKI-MICRO SILVER FUSION5」2万2680円。ジレットヒュージョン5シリーズの刃を使い、真鍮製の持ち手部分のやわらかな曲線が特徴的。水に濡れても錆びない加工が施され、美しい輝きを放っています。

 

カミソリセット「6688-12 MACH3 LUNA」2万7000円もオリジナル。30年以上継承されるオーセンティックなデザイン。ジレットマッハ3シリーズの刃を使い、カップと一体になったスタンドが雰囲気たっぷり。ブラシはもちろん、アナグマ100%。

 

カミソリ倶楽部「6688-12 MACH3 LUNA」

(C)カミソリ倶楽部

 

店内には、1960年代の日本製ISHIDAのアンティークバーバーチェアや、1800年代のスペイン製のチェアも。

 

カミソリ倶楽部バーバーチェア

(C)tawawa

 

カミソリ倶楽部螺旋階段

(C)tawawa

 

螺旋階段を上れば、ショーケースに銀色や金色に輝くアンティークカミソリが並びます。日常使いされていたであろうカラフルでキッチュなカミソリや商品パッケージからは、海外の生活文化の香りが漂ってきます。

 

カミソリ倶楽部展示

(C)tawawa

 

カミソリ倶楽部アンティークカミソリ

(C)tawawa

 

カミソリ倶楽部カラフルカミソリ

(C)tawawa

 

特別な時間を作ってくれる“男の儀式”。男性は自分のために、女性は大切な人に優雅な時間をプレゼントする想いで贈ってみてはいかがでしょうか。

 

カミソリ倶楽部 PRIVATE SHOP & SHOW ROOM

https://www.kamisoriclub.co.jp/

【住所】横浜市青葉区新石川2-13-18 グレイスビーノ101

【営業時間】完全予約制

【定休日】完全予約制

【アクセス】東急田園都市線「たまプラーザ駅」「あざみ野駅」より各徒歩6分