4月4日はあんぱんの日。花より木村屋の「酒種 桜」あんぱん!

それは明治8年の春のこと。当時からあんぱん屋として人気のあった木村屋は、東京の向島にある水戸藩の下屋敷でお花見を楽しんでいた明治天皇にあんぱんを献上するため、日本の国花でもある桜の花の塩漬けを埋め込んだ「桜あんぱん」を考案しました。甘い餡と桜の塩漬けが織りなす絶妙な美味しさに、「この味いいね」と明治天皇のお言葉をいただいてから、毎年4月4日は『あんぱんの日』なのです。

酒種 桜

 

そんな天皇もご賞味されたあんぱん「酒種 桜」がこちら。桜の花の塩漬けがへそ押しされた可愛らしい姿のあんぱんです。149年前から変わらない伝統の酒種生地に、北海道産小豆のこし餡と八重桜の塩漬けが溶け合っています。(1個170円)

 

「大丸東京店ほっぺタウン」では、あんぱんの元祖・木村屋總本店をはじめ、現在、あんぱんを取り扱うブランドが5つ並んでいます。「あんぱんの日」の期間中は、定番から季節限定、人気のあん食ぱんまで全15種類のあんぱんがずらり。

 

屋久島 たんかん

 

木村屋からは「酒種 桜」や定番商品の「小倉」「けし」をはじめ、この季節限定の「屋久島 たんかん」も登場。白あんをベースに、屋久島産100%のたんかんのジュース・ミンチ・カットピールを使用した、綺麗な黄金色のあんぱんです。(1個230円)

 

「西洋銀座」からは桜の花の形をした「桜あんぱん」も(1個270円)。「カーラ・アウエリア」からは、奄美諸島産のとうきび原料だけを使用した素焚糖(すだきとう)で炊き上げたあんをブリオッシュ生地で包んだ「素焚糖あんぱん」(1個194円)、人気のあんブレッドも並びます。

 

4月4日の「あんぱんの日」は、色んなあんぱんを食べ比べてお腹いっぱいになってみませんか?